ペーシュ・カショーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーシュ・カショーロ
Hydrolycus.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カラシン目 Characiformes
: キノドン科 Cynodontidae
: ハイドロリックス属 Hydrolycus
: ペーシュ・カショーロ
学名
Hydrolycus scomberoides
Cuvier,1819

ペーシュ・カショーロ(学名:Hydrolycus scomberoides)はカラシン目キノドン科に属する熱帯魚。payaraとも呼ばれる。食用とされる他、ゲームフィッシングの対象魚やアクアリウムにおいて飼育される。

特徴[編集]

大型のカラシンで、最大1mに達する。頭をやや下に向けた体勢で川の中層に定位し、通りがかった小魚を待ち伏せて捕食する。犬魚(ペーシュ=魚、カショーロ=)という名前の由来となった、下顎から生える二本の長い牙が特徴である。また、ペーシュ・カショーロを代表魚とするキノドン科の由来も同様である。

分布[編集]

アマゾン川

近縁種[編集]

レッドフィンペーシュ・カショーロ
学名:Hydrolycus armatus (Jardine, 1841)
名前のとおり、ひれを含めた全身が赤茶色になるのが特徴。scomberoides種に比べると尾びれの先端が尖っている。
ドラド・カショーロ
学名:Rhaphiodon vulpinus (Agassiz, 1829)
前述の二種とは別属のカショーロ。体表はタチウオのような強い金属的な光沢を帯びる。

関連項目[編集]