ペンブルック (オンタリオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペンブルック
Pembroke April2006.JPG
(写真: ペンブルック市庁舎とマスクラット川)
愛称"The Heart of the Ottawa Valley"
オンタリオ州内の位置
オンタリオ州内の位置
座標:北緯45度49分 西経77度07分
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of Ontario.svg オンタリオ州
行政区 レンフルー郡
都市名 ペンブルック
英語名 City of Pembroke
入植日 1828年
創設日 1878年(町制)
1971年(市制)
面積 14.35 km²
標高 海抜 460 m
人口 2006年[1]
 - 市域 13,930 人
 - 人口密度 970.7 人/km²
時間帯 東部標準時(EST)、UTC-5
夏時間 東部夏時間(EDT)、UTC-4
郵便番号 K8A
市外局番 +1-613
公式サイト

ペンブルック(英語: City of Pembroke、発音: [pem-brook])は、カナダオンタリオ州東部にあるレンフルー郡の郡庁所在地。オタワ渓谷Ottawa Valley)のマスクラット川Muskrat River)とオタワ川の合流地点に位置する。

歴史[編集]

1828年以降、ヨーロッパからの入植が進み製材業を中心に発展が見られた。1856年に入植した人々が集まり集落が出来た際に「ペンブルック」と名付けた。地名の由来はペンブルック伯爵の息子シドニー・ハーバート(Sidney Herbert)から来ている。1878年に町制となり、1971年に市制が敷かれた。1866年にレンフルー郡の郡庁所在地が置かれ、郡庁舎が建設された。

カトリック教区[編集]

1898年にできたカトリックの教会があり、カトリック教区は、西はノースベイ、東はアーンプライアー、南はバンクロフトまで広がっている。病院や学校などもあり、大きな影響力を持っている。

経済[編集]

歴史的に木材業が地元経済の基盤として築かれ、今に至っている。他の地元産業には電化製品やオフィス家具を生産している企業もある。

ノースベイオタワの間挟まれた地域においてペンブルックは重要な役割を担っており、商業の中心でもある。経済活動においては観光業も重要であり、観光スポットとして、蒸気機関と木材業から核エネルギーへと移り変わっていった市の歴史を模写した大きな壁画がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]