ペントランド海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペントランド海峡(ペントランドかいきょう Pentland Firth)はイギリスオークニー諸島スコットランドの間の海峡。概ね東西方向に伸びる海峡で、その幅は狭いところで約10kmである。

概要[編集]

名称は古ノルド語の"Petlandsfjörð"(ピクト人の入り江)に由来している[1]

南岸のスコットランド側では、西はダネット岬(Dunnet Head グレートブリテン島の最北端)から東はダンカンスビー岬(Duncansby Head)まで続き、オークニー諸島側にはホイ島及びサウス・ロナルドセー島が位置する。海峡内にはストロマ島(Stroma)とスオナ島(Swona)の二つの島があり、海峡東側にはペントランド島嶼(Pentland Skerries)がある。

また、スコットランド-オークニー諸島間のフェリーが海峡を横断する航路で運航されている。

海峡の潮流は極めて速く、大きなエネルギーポテンシャルを持つため、この海底に水中タービンを設置してヨーロッパ最大の海流発電所を建設する計画が進められている。2014年に建設を開始して、第一段階は2015年~2016年までに86MWの発電設備を設置し、第二段階として2020年までに400MWへ拡張する計画である[2]

脚注[編集]

  1. ^ Anderson, Joseph (Ed.) (1893) Orkneyinga Saga. Translated by Jón A. Hjaltalin & Gilbert Goudie. Edinburgh. James Thin and Mercat Press (1990 reprint). ISBN 0-901824-25-9
  2. ^ Pentland Firth Tidal Power Plant, Scotland, United Kingdom”. Power Technology.COM. 2014年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]