ペンティ・コッコネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
男子 ノルディックスキー
ノルディックスキー世界選手権
1984 Engelberg 90m級団体
1985 Seefeld 90m級団体
1982 Oslo 90m級団体

ペンティ・コッコネン(Pentti Juhani Kokkonen、1955年12月15日 - )はフィンランド西スオミ州ヤムサ(Jämsä)出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

現役時代はラハティの名門スキークラブ Lahden Hiihtoseuraに所属し、活躍した。

1976-1977シーズンのジャンプ週間(1976年12月30日オーベルストドルフ)で国際大会にデビュー。 1978年、地元ラハティで開催された世界選手権で70m級5位、90m級12位、また同時に行われたラハティスキーゲームズの団体戦で銀メダルを獲得した。

1978-1979シーズンのジャンプ週間では第1戦から3位、3位、1位、1位とすべて表彰台に上がり、総合優勝を果たした。1979年のラハティスキーゲームズでも優勝した。

1980年のレークプラシッドオリンピックでは70m級5位入賞、90m級では12位、 1982年ノルディックスキー世界選手権ノルウェーオスロ)では団体戦で銅メダルを獲得、70m級18位、90m級6位となった。

1984年のサラエボオリンピックでは70m級12位、90m級14位に終わったが、世界選手権団体戦では金メダルを獲得、翌1985年にオーストリアゼーフェルトで開催された1985年ノルディックスキー世界選手権で団体戦2大会連続の金メダルを獲得した。

2004年からはフィンランドジュニアチームのコーチを務めている。

外部リンク[編集]