ペンタングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペンタングル (Pentangle) は、イギリスフォークロックバンド。1960年代後半から1970年代にかけて活動した。

メンバーは、ジャッキー・マクシー(ボーカル)、ジョン・レンボーン(ギター)、バート・ヤンシュ(ギター)、ダニー・トンプソン(ダブルベース)、テリー・コックス(ドラム)。

1982年からペンタングルの流れを汲むバンドが活動を開始している。現在、当初のメンバーはジャッキー・マクシーのみとなっている。バート・ヤンシュは1982年から1995年の間、参加していた。

活動の記録[編集]

結成[編集]

バンドの結成は1967年。バンドの中心は、ジョン・レンボーンバート・ヤンシュである。ふたりは、当時、既にイギリスのフォーク・シーンで著名なミュージシャンであり、それぞれソロアルバムを製作していた。共同制作したアルバムには「Bert And John」(1966)がある。また、彼らはロンドンで共同生活をしていた。

ペンタングルはフォークグループに分類されているが、メンバーはそれぞれの持ち味を持ち、それが互いに影響しあっていた。ジャッキー・マクシーはトラディショナルの出身、テリー・コックスとダニー・トンプソンはジャズに傾注し、ジョン・レンボーン古楽を学び、バート・ヤンシュは、ボブ・ディランのようなブルースおよびコンテンポラリーに興味を持っていた。また、ジョン・レンボーンジャッキー・マクシーは、バンド結成の前にデュオとしてともに演奏していた。

初期[編集]

バンド名そのものをアルバムタイトルとしたデビューアルバムは1968年5月に発表。この頃より、演奏の場は次第にクラブからホールへと移っていった。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの演奏は記憶すべき夜である。ジョン・レンボーンによる素晴らしい舞台設定、そして彼の演奏によるジョン・ダンの詩「Go and catch a falling star」でコンサートは始まった。
その録音は、セカンドアルバム「Sweet Child」(1968年11月リリース)に、ライブとスタジオ録音の2枚組アルバムとして入っている。バンドメンバーの指向を織り成していくアプローチとバート・ヤンシュの作曲能力の進展を披露したこのアルバムは、彼らの高い創造性を示すものとして評価を受ることとなった。

中期[編集]

1969年に発表した「Basket Of Light」は商業的にも成功したアルバムである。このアルバムに収録した「Light Flight」をBBCのTVドラマシリーズ「Take Three Girls」のテーマ音楽に提供し、ヒットする。シングルカットもされている。また「Sally Go Round The Roses」と「House Carpenter」も提供した。

翌1970年、イギリスのフォークロックバンド、フェアポート・コンヴェンションの活動に喚起され、「Cruel Sister」を発表。このアルバムはトラディショナルソングから構成され、バート・ヤンシュジョン・レンボーンが以前デュオとして活動していた頃に録音した「Jack Orion」のロングバージョン(20分)も入っている。

末期[編集]

「Reflection」(1971)では、トラディショナルとオリジナルのミックスというバンド初期の様式に戻った。また「電気楽器は使わない」(no electric instruments)という暗黙のルールを破り、ジョン・レンボーンエレクトリックギターを演奏した。それに続き「Solomon's Seal」を1972年にリリースしている。
しかし、翌年の初めにバート・ヤンシュは去り、ペンタングルは解散した。

ジャッキー・マクシーズ・ペンタングル[編集]

1980年代からペンタングルは再開した。バイオリンのマイク・ピゴット(Mike Piggott)、キーボードとベースのナイジェル・ポートマン・スミス(Nigel Portman Smith)、ギターのピーター・カートリー(Peter Kirtley)、そして当初メンバーからは、ボーカルのジャッキー・マクシーバート・ヤンシュが参加している。 そして、1987年には、ゲリー・コンウエーがドラムとパーカッションで参加した(ゲリー・コンウエーは、Fotheringayで、キャット・スティーブンス(Cat Stevens)、ジェスロ・タル(Jethro Tull)、リチャード・トンプソン、ジョン・マーチンと演奏していた)。

1995年、ジャッキー・マクシーは、パーカッションのコンウエー、キーボードのスペンサー・コーゼンス(Spencer Cozens)とトリオを組んだ。トリオの最初のアルバム「About Thyme」は、ラルフ・マックテル(Ralph McTell)、アルバート・リー(Albert Lee)、マイク・マリナリー(Mike Mainieri)およびジョン・マーチン(John Martyn)をゲストに迎えている。このアルバムはfROOTSマガジンのブリティッシュ・フォークチャートのトップになった。

サキソホンのジェリー・アンダーウッド(Jerry Underwood)、コントラバスとギターのアラン・トンプソン(Alan Thompson)が参加し、バンド名を「Jacqui McShee's Pentangle」と改名した。この5人による新バンドのファーストアルバム「Passe Avante」はパーク・レコード・レーベルでリリースされた。

新バンドは定期的に公演旅行を行った。オックスフォードシャー州チッピング・ノートンでのコンサートは、「At the Little Theatre」というタイトルでパーク・レコードからリリースされた。アルバムのハイライトは、ジャズフォークの融合、及び、絶妙なバンド即興演奏にある。

2002年8月、サキソホンのジェリー・アンダーウッドは病死したが、2004年、フルートとサキソホンのゲーリー・フット(Gary Foot)が参加。そして「Jacqui McShee's Pentangle」は現在も復活祭の頃に公演を行い続けている。

ディスコグラフィー[編集]

The Pentangle

  • 1968 USA LP Reprise RSLP63 15
  • 1968 GB LP Transatlantic TRA162

Sweet Child

  • 1968 GB 2LP Transatlantic TRA178
  • 1968 USA 2LP Reprise 2R56334
  • 1992 GB CD Line TACD9005
  • 1968 USA ? Reprise 2R56334

Basket Of Light

  • 1969 D LP Metronome 201051
  • 1969 GB LP Transatlantic TRA2O5
  • 1969 USA LP Reprise R56372
  • 1981 GB LP Transatlantic TRS114
  • 1981 GB MC Transatlantic KTRSll4
  • 1989 GB LP Demon TRANDE

Cruel Sister

  • 1970 USA LP Reprise RS6430
  • 1977 GB LP Xtra 1172
  • 1970 GB LP Transatlantic TRA228
  • 1970 D LP Transatlantic 44005
  • 1992 GB CD Line TACD900S

Reflection

  • 1971 GB LP Transatlantic TRA24O
  • 1971 USA LP Reprise R56463

Solomons Seal

  • 1972 GB LP Reprise K44197
  • 1972 USA LP Reprise 2100

History Book(Comp)

  • 1972 GB LP Transatlantic TRASAM2

Pentangling

  • 1973 GB LP Transatlantic TRASAM2
  • 1981 GB LP Transatlantic TRS1O6
  • 1981 GB MC Transatlantic KTRS1O6

Pentagle Collection(Comp)

  • 1975 GB LP Transatlantic 89503I4

Anthology(Comp)

  • 1978 GB LP Transatlantic MTRA201

At Their Best

  • 1983 GB MC Cambra CRT54
  • 1983 GB 2LP Cambra CR054

Open The Door

  • 1985 GB LP Spindrist SPINi 11
  • 19?? USA LP Vanick VR017
  • 1985 USA MC Vanick CRVOI7

In The Round

  • 1986 D LP Plane 88505
  • 1988 GB CD Plane CD88505
  • 19?? USA LP Varrick VR026
  • 1988 USA CD Vanick CDVRO26
  • 1988 USA MC Varrick CVR026

Essential Vol 1, Vol 2

  • 1987 GB CD Transatlantic  ?

Collection

  • 1988 GB LP Castle CCSLP184
  • 1988 GB MC Castle CCSMC18
  • 1988 GB CD Castle CCSCD18

So Early In The Spring

  • 1989 USA MC Green Linnet CS1F3048
  • 1989 USA LP Green Linnet 51F3048
  • 1989 GB LP Plane  ?
  • 1989 USA CD Green Linnet GLCD3O48

25 Year Anniversary

  • 1992 GB MC Permanent PFRMMC
  • 1992 GB CD Permanent PERMCD1
  • 1992 GB LP Permanent PERMLP1

People On The Highway'68-'71

  • 1992 GB CD Transatlantic TDEMCDl

One More Road

  • 1993 GB MC Permanent PERMMC
  • 1993 GB CD Permanent PERMCD1

Let No Man Steal Yoar Thyme

  • 1968 USA S Reprise 0784

Travellin Song

  • 1968 GB S BigT B1G109

I Saw An Angel

  • 1969 GB S BigT B1G124
  • 1969 USA S Reprise 0843

Light Flight

  • 1970 GB S BigT B1G128
  • 1977 GB S Transatlantic B1G567

Play The Game

  • 1986 GB S Making Waves SURFi 107

Set Me Free

  • 1986 GB S Making Waves SURF121

関連項目[編集]

  • Pentangle(ウィキペディア英文版)

外部リンク[編集]