ペンゾイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペンゾイル
Pennzoil
企業形態 Private
事業分野 自動車サービス
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
製品 自動車用オイル
サービス Motor Oil service
株主 ロイヤル・ダッチ・シェル
部門 ジフィー・ルーブ
ウェブサイト http://www.pennzoil.com

ペンゾイル英語Pennzoil)は、アメリカ合衆国石油関連企業。1913年にカリフォルニア州ロサンゼルスで設立された。1955年にペンシルベニア州オイルシティを拠点とするサウス・ペン・オイル社(以前はスタンダード・オイル社の一部門)に買収される。1963年にサウス・ペン・オイルはサパタ・ペトロリアムと合併し、ペンゾイルを社名とする。1970年代に同社はテキサス州ヒューストンに移転した。本社はダウンタウン・ヒューストンに所在し、その社屋はペンゾイル・プレイスと呼ばれる[1]。1998年にはライバル社であったクエーカー・ステートと合併し、ペンゾイル=クエーカー・ステートとなる。2002年、ロイヤル・ダッチ・シェルがペンゾイル=クエーカー・ステートを買収し、SOPUS (Shell Oil Products US) を形成した。 ペンゾイルの名前の由来は、かつてペンシルベニア産鉱物油が最高品質のエンジンオイルと言われていたことによる。

IZODインディカー・シリーズ、NASCARスプリントカップに参戦するチーム・ペンスキーは、シェル・ユナイテッドステイツとスポンサー契約を結び、同チームのレーシングカーをシェル/ペンゾイルのイエロー/レッドのカラーリングにペイントしている。

ペンゾイルの黄色いロゴマークに描かれている鐘は、ペンシルベニア州のシンボルである自由の鐘である。

製品[編集]

  • 自動車用オイル:同社の自動車用オイルはペンゾイルのブランド名で販売される。2007年にはアメリカ合衆国で販売量1位を達成している。
  • ガソリン:ペンゾイルはペンシルベニア州西部でガソリンを販売する。
  • ジフィー・ルーブ:ジフィー・ルーブはペンゾイル=クエーカー・ステートの全額出資子会社である。1990年に同社によって買収された。フランチャイズアウトレットは合衆国とカナダで展開し、自動車用オイル、シャシー潤滑油の交換及びその他の自動車用サービスを提供している。

日本の輸入代理店[編集]

ペンゾイルの日本での正規代理店はペンゾイルジャパン、伊藤忠、そしてロイヤルダッチシェルの傘下になってからは、日本ペンゾイルクエーカーステート、レッドアンドイエロー(昭和シェル石油の小会社)と変遷をしている。正規ルート以外では並行輸入業者で西日本ペンゾイルセールスなどがある。日本国内で販売されるペンゾイルやクエーカーステートのオイルは、昭和シェル石油製のライセンス生産オイルが多くなり、EOLCSの認証も昭和シェル石油が申請している。 レットアンドイエローがペンゾイルを販売するようになってからは、若者の車離れやモータースポーツ人気の低迷、低粘度オイルの普及による高級スポーツオイルマーケットの縮小などの影響で、カー用品量販店でペンゾイルのオイルを見かえることは少なくなった。これは、カー用品量販店ではクエーカーステートを、伊藤忠系列のガソリンスタンドにペンゾイルをと棲み分けを行っているためでもある。一部チューニングショップ等では現在もペンゾイルが使用されている。 かつてモータースポーツが華やかな頃、ペンゾイルはニスモ日産スカイラインGT-Rのメインスポンサーにもなっていた。

ガソリン[編集]

論争[編集]

ペンゾイル対テキサコ裁判[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "General Conditions and Legal Notices." Pennzoil. February 14, 1998. Retrieved on January 17, 2010.

外部リンク[編集]