ペンシルベニア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Pennsylvania (SSBN 735).jpg
艦歴
発注 1982年11月29日
起工 1984年1月10日
進水 1988年4月23日
就役 1989年9月9日
その後 就役中
母港 ワシントン州バンゴール
性能諸元
排水量 水上:16,765トン
水中:18,750トン
全長 170.69 m (560 ft)
全幅 12.8 m (42 ft)
喫水 11.5 m (38 ft)
最大速 20ノット以上 (37+ km/h)
潜行深度
機関 S8G reactor 1基
乗員 士官13名、兵員140名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
Mk-48魚雷
トライデント II弾道ミサイル24基
モットー Virtue, Independence, Liberty
735insig.png

ペンシルベニア (USS Pennsylvania, SSBN-735) は、アメリカ海軍オハイオ級原子力潜水艦の10番艦。艦名はペンシルベニア州に因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

ペンシルベニアの建造は1982年11月29日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクスエレクトリック・ボート社に発注され、1984年1月10日に起工した。1988年4月23日にマリリン・ギャレット夫人によって命名、進水し、1989年9月9日にブルー班のリチャード・M・キャンプ艦長およびゴールド班のA・リー・エドワーズ艦長の指揮下就役した。

1989年9月29日にペンシルベニアはフロリダ州ポート・カナベラルを初めて訪問したが、水路で座礁した。タグボートによる曳航作業によりペンシルベニアは2時間後に回復した。海軍の調査によれば、ペンシルベニアは水路で適切な位置にいたと断定された。しかし、水路はハリケーン・ユゴーのために沈泥でふさがれていた状態であった。

2001年にペンシルベニアは大西洋艦隊マージョリー・ステレット戦艦基金賞を受賞した。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの小説『日米開戦 Debt of Honor』で、ペンシルベニアはマリアナ諸島への海上自衛隊艦艇の侵入に対処するために送られた潜水艦のうちの1隻である。「ブーマー」は敵艦を撃沈した最初のアメリカ海軍原子力潜水艦であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]