ペンシルベニア女子医科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最初の大学の建物

ペンシルベニア女子医科大学(Woman's Medical College of Pennsylvania)は、1850年フィラデルフィアに設立された女性のための医学教育機関である。世界で最初に設立された女子医科大学であった。現在はドレクセル大学医学部に統合されている。

歴史[編集]

フィラデルフィアのクエーカー教徒のグループによって設立された。設立に重要な役割を果たしたのは、バーソロミュー・フューセル(Bartholomew Fussel)、ジョゼフ・ロングショア(Joseph S. Longshore)、ウィリアム・ミューレン(William J. Mullen)らであった。19世紀初めの女性の権利の向上運動の中で、1850年にFemale Medical College of Pennsylvaniaという名前で小さな建物の中に設立された。最初の卒業生にはアン・プレストンらがいる。南北戦争時に資金難により一時閉鎖された。

1866年に治療実習をするための病院として、フィラデルフィア婦人病院(Woman’s Hospital of Philadelphia)が設立された。宗教や国籍、人種で差別しない病院であった。当時医療行為は、個人医の診療室か患者の家で行われていたが徐々に患者を集めるようになった。、

1867年にWoman's Medical College of Pennsylvaniaに改名された。1874年にアイザック・バートン(Isaac Barton)の遺産が寄付されることにより新しい校舎が建設された。1920年代にイーストフォールズのキャンパスが作られた。1970年からMedical College of Pennsylvaniaとなり、男子学生の受け入れが始まり、1993年にHahnemann大学と統合され、MCP Hahnemann School of Medicine of Allegheny Univ. of the Health Sciencesとなり、2002年に、ドレクセル大学の医学部となった。

特筆される関係者[編集]