ペレグリン・オズボーン (第3代リーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第3代リーズ公ペレグリン・ハイド・オズボーン(Peregrine Hyde Osborne, 3rd Duke of Leeds, 1691年11月11日 - 1731年5月9日)は、イングランドの貴族。ペレグリン・オズボーンとブリジット・ハイドの次男。

1709年、兄ウィリアムと共にグランドツアーへ出かけるが、1711年に兄がユトレヒトで病死、ペレグリンが後継者となり、ダンビー伯爵に叙せられた。翌1712年、祖父の初代リーズ公トマス・オズボーンが亡くなり、父が第2代リーズ公になるとペレグリンはカーマーゼン侯爵と爵位が上がった。1729年に父が没して第3代リーズ公になったが、僅か2年で死去。一人息子のトマスが爵位を継承した。

1712年にオックスフォード=モーティマー伯ロバート・ハーレーの娘エリザベスと結婚した。彼女はトマスを産んだが産褥で死亡した。1719年サマセット公チャールズ・シーモアの娘アンと再婚したが1722年に子供が生まれないまま死別、1725年にロジャー・ヘレの娘ジュリアナと3度目の結婚をしたが、子供は生まれなかった。

イングランドの爵位
先代:
ペレグリン・オズボーン
リーズ公
1729年 - 1731年
次代:
トマス・オズボーン