ペレグリン・オズボーン (第2代リーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代リーズ公ペレグリン・オズボーン(1710年)

第2代リーズ公ペレグリン・オズボーン(Peregrine Osborne, 2nd Duke of Leeds, 1659年 - 1729年6月25日)は、イングランドトーリーの政治家、貴族。トマス・オズボーンとブリジット・バーティの次男。

1673年、父からオズボーン子爵位を譲られるが、同年に放棄された。1677年バーウィック・アポン・ツイードで議員に当選、1679年ドーセット1689年ノース・ヨークシャーで選出、翌1690年にオズボーン男爵に叙爵、貴族院議員となった。イギリス海軍の副提督に就任、大同盟戦争に従軍した。ロシア皇帝ピョートル1世のイギリス訪問の案内役も務めた。

1729年死去。次男のペレグリンが後を継いだ。

子女[編集]

準男爵トマス・ハイドの娘ブリジット・ハイドと結婚、3人の子を儲けた。

  1. ウィリアム(1690年 - 1711年)
  2. ペレグリン(1691年 - 1731年)
  3. メアリー(1688年 - 1721年) - ボーフォート公ヘンリー・サマセットと結婚、ダンドナルド伯ジョン・コクランと再婚。
名誉職
先代:
ニューカッスル=アポン=タイン公
イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー治安判事
1711年 - 1715年
次代:
アーバイン子爵
先代:
ニューカッスル=アポン=タイン公
イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー統監
1713年 - 1714年
次代:
アーバイン子爵
イングランドの爵位
先代:
トマス・オズボーン
リーズ公
1712年 - 1729年
次代:
ペレグリン・オズボーン