ペルー・ボリビア連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペルー・ボリビア連合
Confederación Perú-Boliviana
北ペルー共和国
南ペルー共和国
ボリビア共和国
1837年 - 1839年 ペルー共和国
ボリビア共和国
ペルー・ボリビア連合の国旗
(国旗)
ペルー・ボリビア連合の位置
公用語 スペイン語
首都 タクナ
最高護民官
1837年 - 1839年 アンドレス・デ・サンタ・クルス
変遷
結成 1837年5月9日
崩壊 1839年8月25日
通貨 不明

ペルー・ボリビア連合 (Peru-Bolivian Confederation)は、南アメリカ1836年から1839年の短期間存在した国家連合ペルーボリビアを版図とし、首都はタクナに置かれた。

1836年に ボリビア大統領のアンドレス・デ・サンタ・クルスは、ペルーの支配者アグスティン・ガマーラ英語版を破ってペルーを南ペルー共和国北ペルー共和国に分けてボリビアと統合した。10月にペルー・ボリビア連合の成立を宣言し自らは終身・世襲の連合護民官になった。首都は南ペルー共和国のタクナに置かれコビハアリカカヤオパイタの計4港を自由港としその他の港から輸入される物品の課税率を引き上げて国内産品を保護した。しかし、ガマーラをはじめとする亡命ペルー人はチリに亡命して、連合に脅威を抱いていたチリ政府とアルゼンチンフアン・マヌエル・デ・ロサスの力を得て軍を動かし、1839年にペルー北部のユンガイの戦い英語版ボリビア軍を破るとサンタ・クルスは亡命しこの連合は崩壊した(連合戦争スペイン語版英語版、ペルー・ボリビア戦争とも)。1841年にガマーラはペルー主導で再び連合を結成しようとボリビアに侵攻したが(インガビの戦い英語版)、ボリビアのホセ・バジビアンスペイン語版大統領に敗れ、戦死した。これ以後両国を統一しようとする動きはなくなった。