ペリー・グローヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペリー・グローヴス Football pictogram.svg
名前
カタカナ ペリー・グローヴス
ラテン文字 Perry Groves
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1965年4月19日(48歳)
出身地 ボー
身長 175cm
選手情報
ポジション FW(ST, LWG)
ユース
1981-1982 イングランドの旗 コルチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1986
1986-1992
1992-1994
1994
イングランドの旗 コルチェスター・ユナイテッド
イングランドの旗 アーセナル
イングランドの旗 サウサンプトン
イングランドの旗 ダゲナム・アンド・レッドブリッジ
142 (26)
155 (21)
15 (2)
4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ペリー・グローヴス(Perry Groves, 1965年4月19日 - )は、イギリスボー出身の元サッカー選手。主にアーセナルFCに所属した選手として知られている。ポジションは左ウイング

彼の叔父であるヴィック・グローヴスも1955年から1964年の間アーセナルに所属した[1]

経歴[編集]

選手歴[編集]

コルチェスター・ユナイテッド

ペリー・グローヴスはロンドンのボーで生まれ、少年時代はイングランド東部サフォークにあるグレート・コナードのコナード・ダイナモズでプレイした。 1981年、彼は練習生としてコルチェスター・ユナイテッドと契約すると、一年後の1982年にはプロ契約を勝ち取る。そしてその後4シーズンで142試合に出場し、26ゴールをあげた。

アーセナル

1986年グローヴスはアーセナルに移籍すると、移籍初年度の1986-87シーズンにはリヴァプールとのフットボールリーグカップ(現カーリング・カップ)決勝戦において3人抜きを見せるなど、アーセナルのフットボールリーグカップ優勝に貢献する。

1987-88シーズン、彼はほとんどの試合に出場し、再度アーセナルのリーグカップ決勝進出に貢献した。エヴァートンとの準決勝ではアウェイでゴールを決める等活躍するが、決勝でルートン・タウンに敗れチームのリーグカップ2連覇はならなかった。 彼はこのシーズン46試合に出場したものの、その後はブライアン・マーウッドの加入により徐々に出場機会が減少し、アーセナルがリーグ優勝を果たした1988-89シーズンでは主にベンチスタートだった。

マーウッドの怪我によって1989-90シーズンは再度出場機会を得たものの、マーウッドの復帰により最終的には控えにまわることになる。彼にとって2度目のリーグ優勝となる1990-91シーズンにおいても状況は変わらず、アーセナルがディフェンシブなチームになっていくにつれ更に出場機会を減らすことになる。1991-92シーズンは13試合の出場に留まり、彼はサウサンプトンに移籍することになる。

サウサンプトン

1992年にサウサンプトンに移籍したグローヴスは2年間でわずか15試合の出場に留まり、アキレス腱の深刻な怪我により28歳でプロとしてのキャリアを終える決断をする。

ダゲナム・アンド・レッドブリッジ

グローヴスはキャリアを終える前にダゲナム・アンド・レッドブリッジで4試合に出場した。


脚注[編集]

  1. ^ ペリー・グローヴス(2007)『We all live in a Perry Groves World』John Blake、p.2