ペリメニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペリメニ

ペリメニロシア語:пельмени(複)、пельмень(単)、ベラルーシ語:пяльмені、タタール語:pilmän(när)/пилмән(нәр))とは、小麦粉をぬるま湯(または牛乳)で練って作った薄い生地に、細かくひいた野菜を包み茹でて食す、ロシア料理の一つ。

概要[編集]

大型小売店でペリメニの冷凍食品販売、外食店の食事などロシアで身近な料理である。冷凍製品のペリメニは工場で生産され、多くはアリエンティ&カッタネオイマオストーニツァンボーニのようなイタリアの会社によって作られている。このペリメニはパスタを造るのに使う機械で作られ、通常一つ約15グラムで、大きいトルテッリーニのような見た目。

ペリメニと他のダンプリングとの主な違いは形と大きさにあり、一般的なペリメニは、概ね球状で、直径2-3センチメートルであるのに対して、他のダンプリングは殆どが通常縦長で大きいものになっている。また、ペリメニ用の生地はピエロギやヴァレーヌィクと比べて非常に薄く、皮の量に比べて多めにフィリングを詰める点が異なる。また、ペリメニはピエロギやヴァレーヌィクと違い、甘いデザートとして食べることはない。

現代のロシアとウクライナでは、市販のペリメニは学生や独身男性に好まれるファーストフードに近い食事である。アメリカ合衆国カナダでは、形や大きさ、内容物に関係なくこのような料理をピエロギと呼ぶことが多い。

食事[編集]

ペリメニの製法

調理法[編集]

ペリメニは通常冷凍しておき、食べる直前に熱湯や煮立ったブイヨンに入れ、ペリメニが浮かんできてからさらに4 - 6分茹でる。中身の具は牛肉豚肉ラム(子羊肉)などの肉類を使い、胡椒タマネギを加えて調味するのが一般的である。伝統的なウラル地方の料理法は、牛肉45%、子羊肉35%、豚肉20%を混合する。地方によっては肉の代わりに魚肉キノコカブザワークラウトを詰めることもある。ウラル地方では熱湯で茹でるが、シベリアではブイヨンで茹でる。

食べ方[編集]

食べる際は香辛料やクリーム類など添え物をし、ロシアのヨーロッパ方面ではバタースメタナ(サワークリーム)が好まれ、シベリア方面ではからしが好まれている。茹でたペリメニを黄金色になるまで揚げたり、コンソメ状のスープの具材に用い、スープとしての食べ方もある。

歴史[編集]

ラトビアの揚げペリメニ

ペリメニの語源はフィン・ウゴル語派コミ語マンシ語で「耳パン」を意味するペリニャニ(pel'nyan'/пельнянь)である。

ペリメニの起源は明らかでなく、いつ頃シベリア先住民の料理やロシア料理に現れたかは不明である。一説によると、ペリメニやその他の茹でるダンプリングは中国で生まれ、モンゴル人によってシベリアとウラル地方に伝えられ、そこから東ヨーロッパに伝播したという。この説によれば、ロシアやシベリアに産しない黒胡椒がペリメニに使われる理由がつく。ペリメニは軽量で手軽に調理でき、栄養価が高いため、冬に長期間狩りに出る狩人に好まれた。

タタール料理にはペリメニに似たピルメン(Pilmän)があり、コンソメ状のスープに入れて食べる。また、ロシアやポーランドには、ペリメニと似て「小さな耳」という名のウシュカ(uszka)がある。ペリメニは餃子にも似ており、ポーランドピエロギウクライナヴァレーヌィクと密接な関係があるとされる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]