ペペロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペペロ(チョコ味)

ペペロ빼빼로、pepero)は、韓国ロッテが発売しているスナック菓子である。

日本では1986年より一時期、CGCジャパンを通じて加盟するスーパーマーケットで販売を行なっていた。[1]、近年では一部のコリアタウンなど、韓国系のスーパーマーケットなどでしか販売されていなかったが。2014年には日本向けにパッケージを変更した『ペペロスティック』として日本のロッテによる輸入品がローソン100系列を中心に流通している。

概要[編集]

韓国ではメジャーなスナック菓子であるが、見た目・風味・さらにはパッケージデザインともに江崎グリコが発売しているポッキーと瓜二つである。しかもペペロが発売されたのが1983年なのに対しポッキーが発売されたのが1966年であることから、日韓双方から「ペペロはポッキーのコピー商品ではないか」との疑惑が常に持たれており、韓国の新聞であるハンギョレでもこの問題を取り上げている[2]が、製造元の韓国ロッテ広報は否定している。また、「高麗人参ペペロ」などポッキーにはないオリジナルのものもある。

なお、韓国ではペペロンパペロなどといったペペロの模造品が売られている。

ペペロデー[編集]

韓国では11月11日ペペロデー(ペペロの日)という、友人同士でペペロを交換し合うイベントがある。ペペロデーの由来は1993年頃に慶尚南道(韓国ロッテのサイト[3]では1994年頃の釜山)の女子中学生が、数字の「1」がペペロの形に似ていることから「ペペロのようにスリムになりなさい」という意味で交換し始めたとされる(ただし、販促のための作り話という説もある[要出典])。その後韓国の大企業であるロッテが率先して宣伝を行なった結果、韓国ではバレンタインデーホワイトデーに匹敵するほどの一大イベントとなっている。

特に、2011年11月11日のペペロデーは、「ミレニアム・ペペロデー(밀레니엄 빼빼로데이)」と称して大規模な宣伝がなされ、高額商品なども発売された[4]

日本でも、同じく形が数字の「1」に形が似ていることから、11月11日をポッキー&プリッツの日と江崎グリコにより定められている(平成11年に制定。そのため、初のポッキー&プリッツの日は平成11年11月11日である)。しかし、イベントというよりは記念日であり、韓国におけるペペロデーと比較するとひっそりとしたものである。

商品一覧[編集]

現在確認がとれる商品は以下の通り。

  • チョコ
  • ストロベリー
  • アーモンド
  • ホワイトチョコ
  • 高麗人参
  • 緑茶
  • ヌード(日本ロッテが販売している「トッポ」と同じ)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]