ペドロ・アルバレス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・アルバレス
Pedro Alvalez
ピッツバーグ・パイレーツ #24
20120613-0360j Pedro Alvarez.jpg
2012年6月13日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国サントドミンゴ
生年月日 1987年2月6日(27歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手
プロ入り 2008年 ドラフト1巡目(全体2位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 2010年6月16日 シカゴ・ホワイトソックス
年俸 $700,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ペドロ・マニュエル・アルバレス・ジュニアPedro Manuel Alvarez Jr. , 1987年2月6日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身(アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン育ち)のプロ野球選手三塁手)。右投左打。MLBピッツバーグ・パイレーツに所属。代理人はスコット・ボラス

経歴[編集]

ドミニカ共和国サントドミンゴに生まれたが、1歳の時に家族と共にドミニカ移民のコミュニティがあるニューヨークマンハッタンワシントン・ハイツ地区へ移り住む。2005年ドラフトボストン・レッドソックスから14巡目に指名されたが、契約せずにヴァンダービルト大学へ進学[2]

2008年ドラフト1巡目(全体2位)でピッツバーグ・パイレーツから指名を受けたが、代理人のスコット・ボラスマーク・テシェイラと同額の950万ドルの契約金を要求したため、交渉は難航した。交渉期限の8月15日深夜になって、パイレーツはアルバレスと総額600万ドルのマイナー契約に合意したと発表。しかし、ボラスが「交渉期限を過ぎていた」と交渉のやり直しを強硬に主張したため、MLB機構はアルバレスを制限リストに置き、交渉期限の延長を認めた。結局、9月23日に4年総額640万ドルのメジャー契約で入団に合意した[3]

2009年、プロとしてのキャリアをスタートさせたアルバレスは、1A+と2Aで打率.288、27本塁打、95打点OPS.914を記録。特に2Aに昇格後は打率.333、OPS1.009と活躍し、シーズン終了後には「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングで球団内1位、マイナー全体でも8位の高評価を受けた[4]

2010年は3Aからスタートし、6月16日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビューを果たした。アルバレスの枠を開ける形で、岩村明憲が25人ロースターから外された[5]6月19日クリーブランド・インディアンス戦でメジャー初安打を記録したが、6月は46打数7安打で打率.207、0本塁打、22三振に終わった[6]7月3日フィラデルフィア・フィリーズ戦でカイル・ケンドリックからメジャー初本塁打を放つと[7]7月20日-21日ミルウォーキー・ブルワーズ戦では2試合連続で2本塁打と5打点を記録するなど月間7本塁打を放った[8][9]。その後、シーズン終了まで三塁手のレギュラーとして出場し、最終的に95試合で打率.256、16本塁打、64打点、OPS.788という成績を残した。

2011年は絶不調で打率が2割に満たず、7月に3Aのインディアナポリス・インディアンスへ降格した。

2012年はスプリングトレーニングから物凄いペースで三振を量産し、ファンをやきもきさせたが、首脳陣はチームの鍵を握る存在として三塁の開幕レギュラーの座を与えた[10]。開幕後もしばらくは三振の山を築いていたが、次第に長打が増え始め、前半戦のパイレーツの躍進に貢献した。最終的に打率.244、180三振ながらも30本塁打を放ち、類稀なパワーを見せつけた。

2013年は、4月4日に打率が.100台に突入すると、そこから5月10日まで打率.200すら超えない状態が続く。[11]。打率.200丁度で5月を終えたが、6月に4試合連続本塁打を含み、26試合で打率.309・10本塁打・24打点を記録[12]。その後、打率こそ上昇の気配はなかったが、コンスタントに本塁打を放ち、ダイヤモンドバックスポール・ゴールドシュミットとタイで自身初の本塁打王(36本塁打)を獲得した。打点は100丁度(リーグ5位)だった。三振については、2年連続の180超えとなる、リーグ最多の186三振を喫した。

2014年1月17日にパイレーツと425万ドルの1年契約に合意した[13][14]。レギュラーシーズンでは、メジャーに昇格してから自身初となる、三振を出場試合数以下に抑える事をした。一方、打撃三部門では打率.231・18本塁打・56打点に終わり、ここ3年で自己最低で、3年ぶりに30本塁打未満に終わる不本意なシーズンとなった。守備面では25失策を犯し、例年通りの拙守だった。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 PIT 95 386 347 42 89 21 0 16 160 64 0 0 0 2 37 1 0 119 8 .256 .326 .461 .788
2011 74 262 235 18 45 9 1 4 68 19 1 0 1 0 24 1 2 80 11 .191 .272 .289 .561
2012 149 586 525 64 128 25 1 30 245 85 1 0 0 3 57 6 1 180 10 .244 .317 .467 .784
2013 152 614 558 70 130 22 2 36 264 100 2 0 0 4 48 7 4 186 16 .233 .296 .473 .770
2014 122 445 398 46 92 13 1 18 161 56 8 3 0 0 45 6 2 113 12 .235 .307 .435 .742
通算:5年 592 2293 2063 240 484 90 6 104 898 324 12 3 1 9 211 21 9 678 57 .235 .307 .435 .742
  • 2014年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ1位

獲得タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pedro Alvarez Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2011年11月20日閲覧。
  2. ^ Nelson, Amy K.(2008-06-03). Alvarez following in some famous footsteps. ESPN(英語). 2011年5月31日閲覧
  3. ^ Kovacevic, Deajan(2008-09-23). Pirates, Alvarez agree to revised contract. Pittsburgh Post-Gazette(英語). 2011年5月31日閲覧
  4. ^ Top 100 Prospects: No. 1-20. BaseballAmerica.com(英語). 2011年5月31日閲覧
  5. ^ Langosch, Jenifer(2010-06-15). Pirates promote top prospect Alvarez. pirates.com(英語). 2011年5月31日閲覧
  6. ^ Pedro Alvarez Game By Game Stats and Performance. ESPN(英語). 2011年5月31日閲覧
  7. ^ Howard drives in three as Phillies power past Pirates. Associated Press(英語). 2011年5月31日閲覧
  8. ^ [Prized rookie Alvarez key as Pirates blast Brewers]. Associated Press(英語). 2011年5月31日閲覧
  9. ^ パイレーツの選手が2試合連続で5打点を記録したのは、1973年5月3日-4日アル・オリバー以来37年ぶり。
  10. ^ Pedro Alvarez at the halfway point | July 2012 | Pittsburgh Pirates
  11. ^ www.baseball-reference.com (Pedro Alvarez Game Log 2013)
  12. ^ www.baseball-reference.com (Pedro Alvarez Game Log 2013)
  13. ^ Pirates agree to terms with all six arbitration eligible players”. MLB.com Pirates Press Release (2014年1月17日). 2014年1月18日閲覧。
  14. ^ Tom Singer (2014年1月17日). “Cases closed: Bucs finalize all arbitration-eligible deals”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]