ペテン師と詐欺師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペテン師と詐欺師』(DIRTY ROTTEN SCOUNDRELS)は2005年初演、脚本ジェフリー・レイン、音楽・作詞デイヴィッド・ヤズベクによるブロードウェイミュージカルである。

概要[編集]

原作は1988年に公開されたハリウッド映画、「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ(Dirty Rotten Scoundrels)」(監督:フランク・オズ、主演:マイケル・ケインスティーヴ・マーティン[1]

2005年度トニー賞にてフレディ役のノーバード・レオ・バッツが最優秀ミュージカル主演男優賞を受賞している[2]。 2004年9月22日、カリフォルニア州サンディエゴでプレビュー。2005年3月14日ブロードウェーにて上演が始まり、2006年9月3日までに666回上演された。メキシコ、スペイン、ドイツ、デンマーク、フィンランド、アイスランド、スウェーデン、ノルウェーと世界各地で公演されている。

あらすじ[編集]

南フランスの高級リゾート地、リビエラが舞台。

裕福な女性をたらしこんでは大金を騙し取っている、英国紳士風の上品な詐欺師ローレンス。上手く縁を切れなかった騙し相手、大金持ちの未亡人ミュリエルとから逃れるようにリビエラへ向かっていたローレンスは、汽車の中でアメリカから来た粗野なペテン師フレディと出会う。フレディはローレンスが才能も経験ある詐欺師だと知り、弟子入りする。大金持ちの娘ジョリーンを二人して騙すものの、性格も何もかも違う二人。やがて仲違いをし、互いの技量と縄張りをかけて争うことになる。

リビエラに旅行に来ている「アメリカソープクイーン(石鹸の女王)」クリスティーン。彼女から50,000ドルを騙し取ること。

敗者はリビエラから去る、という条件の下、詐欺師とペテン師の二人がクリスティーンを巡り火花を散らす。

日本公演[編集]

2006年10月にリニューアルオープンした天王洲銀河劇場杮落とし公演として上演され、鹿賀丈史と市村正親が劇団四季時代以来ミュージカルでは27年ぶりに共演することでも話題になった[3]

演出/宮田慶子、翻訳/常田景子、訳詞/森雪之丞

日本公演キャスト[編集]

※後者は2008年再演キャスト

脚注[編集]

  1. ^ ラルフ・レヴィ監督・マーロン・ブランド主演の1964年アメリカ映画「寝室ものがたり(Bedtime Story)」のリメイクである。
  2. ^ 2005年度トニー賞に他に、最優秀作品賞・最優秀ミュージカル脚本賞・最優秀楽曲賞・最優秀女優賞・最優秀助演女優賞・最優秀演出賞・最優秀振付賞・最優秀編曲賞・最優秀照明賞にノミネートされた。
  3. ^ ブロードウェイ・ミュージカル『ペテン師と詐欺師』製作発表」シアターガイド、2006年4月17日

外部リンク[編集]


執筆の途中です この「ペテン師と詐欺師」は、ミュージカルに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(P:舞台芸術