ペテル・クリスティン・アスビョルンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
P.C.アスビョルンセン
ノルウェー民話集

ペテル・クリスティン・アスビョルンセン[注釈 1]ノルウェー語:Peter Christen Asbjørnsen頭文字をとってP.C.アスビョルンセンと表記する場合も、1812年1月15日 - 1885年1月6日)は、ノルウェー民話作家、自然科学者民俗学者動物学者である。代表作に友人のヨルゲン・モーJørgen Moe)と共著の『ノルウェー民話集』がある。この『ノルウェー民話集』はアスビョルンセンとモーの共著によることから『アスビョルンセンとモー』というタイトルでも知られている。

アスビョルンセンはまた、「がらがらどん」という同じ名前をもつ3匹の山羊が餌を求めて冒険に出かける童話である『三びきのやぎのがらがらどん』の作者としても知られている。この作品は『ノルウェー民話集』に収録されている。

概要[編集]

1812年1月15日、ノルウェーのクリスチャニア(現:オスロ)に生まれる。モーとはアスビョルンセンが15歳の頃から知り合いであり[1]1833年オスロ大学に入学し、ノルウェーに伝わる伝説や民話を収集するためにノルウェー各地を回った。また、動物学者としてハダンゲルフィヨルドHardangerfjord)を調査した。

アスビョルンセンは学生時代より民話をいくつか記録しており、家庭教師の仕事をしながらも収集を続け、アスビョルンセンとモーに先立ってノルウェーの民話をまとめたアンドレアス・ファイエAndreas Faye)より「民話特命大使に任命する」という趣旨の言葉で締めくくられた礼状を受け取った。

当初、大学でアスビョルンセンは植物学を専攻していたが[2]グリム兄弟による『グリム童話』を読んだことをきっかけに、モーと共同しての民話集の刊行に乗り出し[3]1841年に『ノルウェー民話集』を刊行した。その後は全2巻からなる『ノルウェー妖精物語と伝説集』(1845年 - 1848年)も刊行し、これはノルウェー語の純化に役立った[注釈 2]

1885年1月6日、故郷のクリスチャニアで亡くなる。

2012年現在、ノルウェーの50クローネ紙幣に肖像画が描かれてある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語では他に「ペーテル、ペーター、クリステンと表記されることがある。
  2. ^ なお、『ノルウェー民話集』『ノルウェー妖精物語と伝説集』は『ノルウェー民話全集』にまとめられている。

出典[編集]

  1. ^ 『太陽の東 月の西』260ページ(訳者あとがき)。
  2. ^ アスビョルンセン - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年12月24日閲覧。
  3. ^ 『ノルウェーの民話』(パット・ショー「ノルウェーの民話と挿絵について」)9-10ページ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]