ペスト医師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
医師シュナーベル・フォン・ローム(ドイツ語で「ローマの嘴」)を描いたパウル・フュルストの版画(1656年)。混合体で書かれた8音節2行連句の風刺詩(‘Vos Creditis, als eine Fabel, / quod scribitur vom Doctor Schnabel→君は寓話と信じるだろう/嘴医者の物語を)が添えられている

ペスト医者(ペストいし、英語: plague doctor )あるいはイタリア語でメディコ・デッラ・ペステ (イタリア語: medico della peste ) とはペストにかかった患者を専門とする医者のことで、黒死病が蔓延した時代に多くのペスト患者を抱えた街から特別に雇われた者たちである[1]。報酬も街から支払われたため、ペスト医者は貧富の隔てなく誰であろうと治療を施した[2]。本来であれば専門的な訓練を受けた経験豊かな外科医や内科医の仕事だが、彼らは往々にしてよそでは商売がなりたたない二流の医者か自分の身を立てようとする若い医者だった[1]

ペスト医者は契約にもとづきペスト患者を治療するため、町医者あるいは「地域ペスト医」(community plague doctors)という名で知られていた。一方で「一般開業医」としての医者も別にいて、両者がヨーロッパの一つの都市や街に同時に存在するということがありえた[1][3][4][5]フランスオランダでは医学訓練が不足している者がペスト医者となることもしばしばで「実験主義者」とあだ名されるほどだった。医者として雇われる以前には果物売りをしていた者さえいたという[6]

17世紀および18世紀には、瘴気論により感染の原因とみなされていた悪性の空気から身を守るため、香りの良いものをつめた嘴のかたちの仮面をつけるペスト医者が現れている[7]。概してペスト医者になることは喜ばしいことではなく、辛く危険な仕事であり、ペストが大流行した時代に彼らが生き残る可能性はほんのわずかなものだった[8][9]。そして彼らの仕事には本当にペストの流行を食い止める効果があったのかも定かではない[10]

歴史[編集]

黒死病が蔓延した時代にクレメンス6世は捕囚中のアヴィニョンで病人たちの世話させるため何人ものペスト医者を特別に雇った。ヴェネツィアには18人のペスト医者がいたが1348年まで残ったものは1人しかいなかった。5人がペストで死に、12人が行方不明となったが、おそらくは逃げ出したのである[11]

腺ペストが蔓延した最初の記録は500年代半ばにまで遡る「ユスティニアヌスのペスト英語版」である[12]。最大の流行であれば14世紀ヨーロッパの黒死病が挙げられるが、いずれ腺ペストの影響で人口が激減した中世の都市は経済的にも大打撃を受けた。そのような中で地域ペスト医はきわめて得がたい存在であり、彼らには特権的な地位が与えられていた。たとえば自由に剖検を行うことが出来たが、これは中世ヨーロッパにおいては原則として禁止されており、彼らにもペストの治療法を研究するためにだけ認められているものだった。またオルヴィエートの街が1348年に雇ったマッテオ・フ・アンジェロは普通の医者が年に50フローリンという時代にその4倍の報酬を得ていた[4]

ペスト医者はたいへん貴重な存在であったため、1650年にバルセロナが2人の医者をトゥルトーザに派遣したときは、無法者が彼らを途中で捕まえ、身代金を要求するという事件が起こった。バルセロナの街は人質の解放のため、それを支払ったという[4]

衣装[編集]

1720年に描かれたペスト医者(作者不詳)

図像資料からはペスト医者が様々な衣装を身につけていたことがわかるが、中にはひと目で分かる独特の格好をするものもいた。できるだけ肌を露出させないよう全身をおおう蝋を引いた重布か革のガウン、つば広帽子、嘴の形をした円錐状の筒に強い香りのするハーブや香料、藁をつめた鳥の口ばしのような仮面(ペストマスク)[13]、木の杖のひと揃いがその典型だった[14][10]。これは1619年にシャルル・ド・ロルム英語版が発明した一種の保護衣で、始めパリで用いられていたが、その後ヨーロッパ全土に広がった[15]

仮面の嘴につめた香りのよいものとは例えばアンバーグリス、バームミント、ショウノウクローブアヘンチンキ没薬バラの花びら、エゴノキなどである[6]。これらが瘴気を発する「悪性の空気」から医者を守ってくれると考えられていた[16]。藁もその「悪性の空気」のフィルター代わりになる。仮面は目のところに赤いアイピースをはめこむこともあったが、これは悪霊を払うためだった[10]。木の杖は患者に触ることなく診察するための道具であり[17][18]、古来こうしたワンドは治療者のシンボルであったが、ペスト医者も職業がすぐわかるように携帯することが求められていた[19]

公僕[編集]

14世紀のヨーロッパにおける黒死病の時代から伝染病の流行期にはペスト医者はなにより公僕であった。ペストの患者を世話することを除けば、彼らの第一の仕事はペストによる死者の数を公記録に載せることにあった[6]

ヨーロッパのフィレンツェペルージャのような街ではペスト医者は死因や伝染病がどう影響するのかを特定しやすくするために剖検をすることも求められた[20]。またペストの流行した時代には遺言者ともなり膨大な数の遺言書に立会った[21]。死を前にした身の振り方について患者に助言をすることもあった[22]。こうした助言は相手がどのような患者であるかによって異なり、中世を過ぎると、次第に複雑さを増す倫理上の決まりごとを形成して、医者と患者の関係性を規定するようになった[23]

治療法[編集]

ペスト医者は瀉血を中心にリンパ節の腫れに蛙をあてがうなどの「体液の均衡を取り戻す」治療法を標準的な手順としてこなした[24]。病気がうつる可能性もあり、仕事の性質上、彼らは普段から一般社会とは関わらずにいたが、隔離の対象となることもあった[25]

著名なペスト医者[編集]

ペストの治療や予防対策に携わった有名なペスト医者としてノストラダムスが挙げられる[26]。彼は1546年にエクス=アン=プロヴァンスでペストが大流行した際に市当局に雇われた時の様子を、『化粧品とジャム論』第一部第8章で叙述している[27]。彼はそのペスト流行のひどさを説明し、瀉血も強壮剤も賛美歌[28]も効き目がなかったと述べる一方、バラショウブなどを混ぜた自身の丸薬は効果があったと述べていた[27][29]。これは前述のとおり、香りのよいものを使う伝統的な治療法の延長線上にあるものといえる[30]。本人が直接述べているわけではないが、おそらく市当局と協力して患者の隔離などの公衆衛生も行なっていたのだろうと考えられている[31]

イタリアのパヴィーアでは1479年にジョバンニ・ド・ヴェントゥーラ英語版という人物を地域ペスト医として雇っている[4][32]。アイルランドの医者であるネラヌス・グラサヌス英語版(1563年? - 1653年)は何人ものペスト患者を治療した勇気をたたえられスペイン、フランス、イタリアでたいへんな尊敬を受けていた[33][34]。錬金術師として有名なパラケルススもまた中世のペスト医者の1人である[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Cipolla, p. 65
  2. ^ Cipolla, p. 68 3/4 down page
  3. ^ Ellis, p. 202
  4. ^ a b c d Byrne (Daily), p. 169
  5. ^ Simon, p. 3
  6. ^ a b c Byrne, 170
  7. ^ Irvine Loudon, Western Medicine: An Illustrated History (Oxford, 2001), pp. 184, 189
  8. ^ Cipolla, pp. 65-69
  9. ^ Robert S. Gottfried, The Black Death: natural and human disaster in medieval Europe (Simon & Schuster, 1983), p. 49.
  10. ^ a b c Woollacott, et al. p.352
  11. ^ Byrne, 168
  12. ^ Gordon, p. 471
  13. ^ アフリカの部族の仮面に類似した物が見られる。
  14. ^ Byrne (Encyclopedia), p.269 p. 505
  15. ^ Christine M. Boeckl, Images of plague and pestilence: iconography and iconology (Truman State University Press, 2000), pp. 15, 27.
  16. ^ Irvine Loudon, Western Medicine: An Illustrated History (Oxford, 2001), p. 189.
  17. ^ Pommerville, p. 9
  18. ^ O'Donnell, p. 143
  19. ^ Byrne (Encyclopedia), p.270
  20. ^ Wray, p. 172
  21. ^ Wray, p. 173
  22. ^ The Plague Doctor”. Jhmas.oxfordjournals.org (2012年4月2日). 2012年6月12日閲覧。
  23. ^ Robert S. Gottfried, The Black Death: natural and human disaster in medieval Europe (Simon & Schuster, 1983), pp. 126-28.
  24. ^ Byfield, p. 37
  25. ^ Robert S. Gottfried, The Black Death: natural and human disaster in medieval Europe (Simon & Schuster, 1983), p. 126.
  26. ^ 伊藤 (2000) p.235
  27. ^ a b Excellent et moult utile opuscule à tous/ nécessaire qui désirent avoir connoissan/ ce de plusieurs exquises receptes divisé/ en deux parties./ La première traicte de diverses façons/ de fardemens et senteurs pour illustrer et/ embelir la face./ La seconde nous montre la façon et/ manière de faire confitures de plusieurs/ sortes... Nouvellement composé par Maistre/ Michel de NOSTREDAME docteur/ en medecine... by Nostradamus”. Propheties.it. 2012年6月12日閲覧。
  28. ^ これは1557年の異本によるもので、初版では「下剤」になっている(cf. ASIOS 菊池聡 山津寿丸『検証 予言はどこまで当たるのか』文芸社、2012年、p.59)。
  29. ^ 伊藤 (2000) pp.246-247
  30. ^ 田窪 (2002) p.47
  31. ^ 伊藤 (2000) p.250
  32. ^ King, p. 339
  33. ^ Stephen, p. 927
  34. ^ THE HISTORY OF MEDICINE IN IRELAND; by J. OLIVER WOODS, MD, FRCGP, Page 40 (PDF)”. 2012年6月12日閲覧。
  35. ^ Körner, p. 13

参考文献[編集]

一次資料[編集]

二次資料[編集]

  • Bauer, S. Wise, The Story of the World Activity Book Two: The Middle Ages : From the Fall of Rome to the Rise of the Renaissance, Peace Hill Press, 2003, ISBN 0-9714129-4-4
  • Byfield, Ted, Renaissance: God in Man, A.D. 1300 to 1500: But Amid Its Splendors, Night Falls on Medieval Christianity, Christian History Project, 2010, ISBN 0-9689873-8-9
  • Byrne, Joseph Patrick, Daily Life during the Black Death, Greenwood Publishing Group, 2006, ISBN 0-313-33297-5
  • Byrne, Joseph Patrick, Encyclopedia of Pestilence, Pandemics, and Plagues, ABC-Clio, 2008, ISBN 0-313-34102-8
  • Cipolla, Carlo M. 'A Plague Doctor', in Harry A. Miskimin et al. (eds), The Medieval City, Yale University Press, 1977, pp. 65–72. ISBN 0-300-02081-3
  • Ellis, Oliver C., A History of Fire and Flame 1932 , Kessinger Publishing, 2004, ISBN 1-4179-7583-0
  • Fee, Elizabeth, AIDS: the burdens of history, University of California Press, 1988, ISBN 0-520-06396-1
  • Haggard, Howard W., From Medicine Man to Doctor: The Story of the Science of Healing, Courier Dover Publications, 2004, ISBN 0-486-43541-5
  • Gordon, Benjamin Lee, Medieval and Renaissance medicine, Philosophical Library, 1959
  • Heymann, David L., The World Health Report 2007: a safer future : global public health security in the 21st century, World Health Organization, 2007, ISBN 92-4-156344-3
  • Kenda, Barbara, Aeolian winds and the spirit in Renaissance architecture: Academia Eolia revisited, Taylor & Francis, 2006, ISBN 0-415-39804-5
  • King, Margaret L., Western Civilization: a social and cultural history, Prentice-Hall, 2002, ISBN 0-13-045007-3
  • Körner, Christian, Mountain Biodiversity: a global assessment, CRC Press, 2002, ISBN 1-84214-091-4
  • O'Donnell, Terence, History of Life Insurance in its Formative Years, American Conservation Company, 1936
  • Pickover, Clifford A., Dreaming the Future: the fantastic story of prediction, Prometheus Books, 2001, ISBN 1-57392-895-X
  • Pommerville, Jeffrey, Alcamo's Fundamentals of Microbiology, Jones & Bartlett Learning, 2010, ISBN 0-7637-6258-X
  • Reading, Mario, The Complete Prophecies of Nostradamus, Sterling Publishing (2009), ISBN 1-906787-39-5
  • Simon, Matthew, Emergent Computation: emphasizing bioinformatics, Publisher シュプリンガー・ジャパン株式会社, 2005, ISBN 0-387-22046-1
  • Stephen (Sir Leslie), Robert Blake, Christine Stephanie Nicholls, Editor Sir Sidney Lee, The Dictionary of National Biography, Volume 14, The Dictionary of National Biography, Robert Blake, Author. Oxford University Press, 1909
  • Stuart, David C., Dangerous Garden: the quest for plants to change our lives, Frances Lincoln ltd, 2004, ISBN 0-7112-2265-7
  • Woollacott, Angela, et al. History for the Australian Curriculum Year 8, Cambridge University Press[Student Edition], 2012, ISBN 978-1-107-68411-9
  • Wray, Shona Kelly, Communities and Crisis: Bologna during the Black Death, ISBN 90-04-17634-9
  • 伊藤和行 (2000) 「ノストラダムスと医学のルネサンス」(樺山紘一 高田勇 村上陽一郎『ノストラダムスとルネサンス』 ISBN 4-00-001808-6
  • 田窪勇人 (2002) 「ノストラダムスの世界に見るハーブ」(『Aromatopia』第53号)

関連項目[編集]