ペコリーノ・ロマーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pecorino Romano (DOP)
Pecorinoromano.jpg
原産地: イタリア
区分: チーズ
生産地域: ラツィオ、サルデーニャ、トスカーナの各州
DOP/IGP承認: Reg. CE n.1107/96 (GUCE L. 148/96 del 21.06.1996)
保護協会: Consorzio di tutela

ペコリーノ・ロマーノ伊語: Pecorino Romano)はイタリアDOP指定チーズである。指定地域はラツィオ州サルデーニャ州

外見は白色で円柱形の硬質チーズ。硬質チーズのなかでは比較的やわらかい。

ペコリーノとはヒツジの乳のチーズの事で、独特の風味と旨味がある。ロマーノはこのチーズが元々ローマ近郊で伝統的に作られていたため。

食べ方[編集]

ペコリーノとファーベ

そのまま食べることもあるが塩味が特徴なので、パルミジャーノ・レッジャーノグラナ・パダーノのように、すりおろすか細かく刻むかしてスパゲッティ・アッラ・カルボナーラジェノヴェーゼソースなどの材料としてイタリア料理に使うことが多い。

また、ローマなどでは5月のメーデーの頃に、ファーべ(イタリア語でfava)という収穫したばかりの生食用のそら豆が出回ると、ペコリーノとワインで、季節の到来を楽しむ習慣がある。生食が可能な新鮮なファーべの賞味期限は収穫後2~3日以内なので、その期間に、その場所にいないと食べることができない春の風物詩の一品である。

サイゼリヤでは粉チーズとしてペコリーノ・ロマーノを提供している。

参照[編集]