ペイカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペイカン(پیکان
Peykan.jpg
乗車定員 4人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 1.5L ガソリンエンジン
全長 4267mm
全幅 1613mm
全高 1422mm
ホイールベース 2502mm
車両重量 925kg
後継 サマンド
-自動車のスペック表-


ペイカンペルシャ語: پیکان‎、: Paykan, 発音はピーキャンとも)はイランイラン・ホドロ社で生産されていた乗用車1967年から2005年5月まで40年近く生産された。大部分はオフホワイトに塗装されていてイランで多く見られた。 この車は1966年型のイギリスのルーツ・グループによって設計されたヒルマン・ハンター/ルーツ・アロー[1]が原型となっている。

すでにクライスラー傘下であったルーツ・グループは、1967年にイラン向けにヒルマン・ハンター(ルーツ・アロー)のノックダウン生産キットを輸出し始め、組み立てはイランのイラン・ナショナル社(現:イラン・ホドロ社)で行なわれた。 1978年にルーツ・グループがPSA・プジョーシトロエンに買収されたため、スコットランドのリンウッド工場でのヒルマン・ハンターの生産は終了し、生産設備はイランに売却された。

ペイカンは、2005年までPSAグループのライセンスのもとで生産された。 1966年型モデルのままの部分も多いが、エンジンは原型の1725ccのルーツのエンジンから、プジョー・504のドライブユニットに変更された。燃料消費が悪く、時代遅れであったが生産は続けられ、生産の最終年度でも2年分の注文を抱えていた。

イラン・ホドロ社はペイカンの生産で自動車開発のノウハウを獲得し、サマンドを自社開発した。 最近はPSAグループからプジョー・405ブレークや RD(405のボディとペイカンのシャーシの折衷車)、プジョー・206の生産を委託されている。

2005年5月に生産は打ち切られ、ルノーロガン(現地名Tondar)やサマンドに後継の座をゆずった。

脚注[編集]

  1. ^ ペルシャ語でペイカンは「矢」の意味で、英語のarrowと符合する

関連事項[編集]

外部リンク[編集]