ベーラ・アフマドゥーリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B・A・アフマドゥーリナ(2005年)

ベーラ・アハートヴナ・アフマドゥーリナロシア語: Бе́лла Аха́товна Ахмаду́лина1937年4月10日 - 2010年11月29日)は、ソ連およびロシア詩人翻訳家モスクワ出身。

概要[編集]

ヨシフ・スターリンの死後のソ連の雪解け時代を代表する現代詩人の一人であり、言論の自由を主張したことからソ連から迫害を受けたアレクサンドル・ソルジェニーツィンアンドレイ・サハロフの擁護を行っていた[1]。作品はメタファーに満ち溢れた難解な詩風を持ち、ノーベル文学賞受賞者であるヨシフ・ブロツキーから『ロシア文学の至宝』と称された[2]

学生時代の1955年に最初の作品を発表し、1962年には最初の詩集である『琴線』を発表した。その後も『悪寒』などの作品の発表を続け、1989年ソビエト連邦国家賞を受賞している。

2010年11月29日、モスクワ郊外の別荘で心臓発作にて亡くなっている。73歳[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アフマドゥーリナさん死去 ロシアの女性詩人”. 京都新聞 (2010年11月30日). 2011年5月20日閲覧。
  2. ^ a b Russian poet Bella Akhmadulina dies at 73”. ninemsn News (2010年11月30日). 2011年5月20日閲覧。