ベーメン・メーレン保護領の統治者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベーメン・メーレン保護領の統治者一覧は、ナチス・ドイツがチェコの地に設立したベーメン・メーレン保護領の大統領(チェコ語:státním prezidentem)、首相(チェコ語:předseda vlády)、および総督(チェコ語:říšského protektora, :Reichsprotektor)の一覧である。

占領以前のチェコスロバキア共和国の大統領であったエミール・ハーハが引き続き大統領をつとめ、また首相にはチェコ人が任命されていたが、政府の実権はドイツ人の総督、副総督、担当国務相が握っており、大統領や首相は飾り物にすぎなかった。

大統領[編集]

首相[編集]

ドイツ人総督(護民官)・副総督(副護民官)[編集]

ドイツ政府のベーメン・メーレン保護領担当国務相(大臣待遇)[編集]

  • カール・ヘルマン・フランク1943年8月20日 - 1945年5月8日
    • ドイツ政府には「Reichsminister(国家大臣、帝国大臣)」と呼ばれる上級の大臣職のほかに、「Staatsminister(国務相)」と呼ばれる下位の大臣職が存在していた。フランクの地位は国家大臣ではなく国務相であるが、儀礼的には国家大臣級の待遇を受けていた(「Staatsminister im Rang eines Reichsministers」)。

関連項目[編集]

チェコスロバキア首相の一覧(英語)