ベース鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベース鉱 vaesite
分類 硫化鉱物
化学式 NiS2
結晶系 立方晶系
光沢 金属光沢
比重 4.45
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

ベース鉱(べーすこう、vaesite)は、黄鉄鉱族に属し、硫化ニッケルを主成分として少量のコバルトを含む硫化鉱物。発見者である鉱物学者ヨハネス・ベース(Johannes F. Vaes,1774〜1854)にちなみ命名された[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]