ベージャ航空基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベージャ航空基地
Base Aérea de Beja
BejaAB.jpg
IATA:?-ICAO:LPBJ
概要
国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル
設置場所 ベージャ県
空港種別 軍用
運営者 ポルトガル空軍
標高 194 m・636 ft
位置 北緯38度04分44秒
西経007度55分56秒
座標: 北緯38度04分44秒 西経007度55分56秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
01R/19L YES 2,951×30 舗装
01L/19R NO 3,450×60 舗装
リスト
空港の一覧

ベージャ航空基地ポルトガル語Base Aérea de Beja)または、第11航空基地Base Aérea Nº11BA11)は、ポルトガルアレンテージョ地方ベージャ県ベージャ近郊にあるポルトガル空軍の航空基地。1964年から運用が開始された。

歴史[編集]

1964年10月21日に設立される。当初は西ドイツ国内の空域制限のため、二国間協定に基づきドイツ連邦空軍の訓練施設として用いられた[1]1987年にはノースロップ T-38ロッキード T-33を装備する第103飛行隊がモンティジョ航空基地から再配置される。第103飛行隊が配置されてからは基地の航空機は多種混成の状態となり、海上哨戒活動やヘリコプター訓練も開始される。1993年にドイツ連邦空軍の訓練部隊は移転し、基地使用者はポルトガル空軍のみとなった。

現在、格安航空会社向けに民間航空用ターミナルの建設が進められている。

配置部隊[編集]

ポルトガル空軍

  • 第101飛行隊「ロンコス(Roncos)」 初等飛行訓練
  • 第103飛行隊「カラコイス(Caracóis)」 運用移行訓練
  • 第552飛行隊「ザンゴエス(Zangões)」 戦術航空輸送およびヘリコプター訓練
  • 第601飛行隊「ロボス(Lobos)」 海上哨戒

脚注[編集]

  1. ^ Air Forces Monthly, p. 36.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]