ベン・アーロノヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベン・アーロノヴィッチBen Aaronovitch1964年 - )は、『ロンドン警視庁特殊犯罪課』シリーズによって最もよく知られているイギリス生まれの小説家および脚本家である。

アーロノヴィッチは『ドクター・フー』TVシリーズの脚本および小説化作品を書き[1]、そのほかにも多くのTV脚本およびラジオ脚本を書いている。

2011年から発表した、警察小説であり都会を舞台としたファンタジー小説でもある『ロンドン警視庁特殊犯罪課』シリーズは成功をおさめた[2][3]

ロンドン警視庁特殊犯罪課シリーズ[編集]

現代のロンドンを舞台にし、超自然的な事件を担当する特殊部署に配属され、亡霊や魔術に立ち向かう新人警察官ピーター・グラントの活躍を描く。

  • 女王陛下の魔術師(Rivers of London アメリカでの題名は Midnight Riot, 2011年)
  • 顔のない魔術師(Moon Over Soho , 2011年)
  • 地下迷宮の魔術師(Whispers Under Ground , 2012年)
  • 空中庭園の魔術師(Broken Homes , 2013年)
  • (Foxglove Summer, 2014年9月刊行予定)
  • (The Hanging Tree(仮題), 2015年予定)[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ben Aaronovitch - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ E-book sales at Hachette UK now 5% and catching US”. Thebookseller.com. 2011年8月3日閲覧。
  3. ^ Jamie back on top as Costa winner shows mutability”. The Bookseller. 2011年11月28日閲覧。
  4. ^ A Major New Deal for Ben Aaronovitch”. 2014年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]