ベンゼンセレノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンゼンセレノール
識別情報
CAS登録番号 645-96-5
特性
化学式 C6H6Se
モル質量 157.07 g/mol
外観 無色液体
密度 1.479 g/cm3
沸点

71-72 ℃ (18 mm Hg)

への溶解度 微溶
屈折率 (nD) 1.616
構造
双極子モーメント 1.1 D
危険性
主な危険性 toxic
Rフレーズ 23/25-33-50/53
Sフレーズ 20/21-28-45-60-61
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ベンゼンセレノール (benzeneselenol) とは、示性式が C6H5SeH と表される有機セレン化合物セレノールのひとつ。有機合成においてフェニルセレノ基の導入のために用いられる。フェノールの酸素がセレンに置き換わった構造から、セレノフェノール (selenophenol) とも呼ばれる。

強い悪臭を持つ無色透明の液体で、保管中次第に黄色みを帯びる。にはほとんど溶けず、多くの有機溶媒に溶ける。

他の有機セレン化合物同様に強い毒性を持つため取り扱いには注意が必要。

合成[編集]

ベンゼンセレノールはグリニャール試薬を単体セレンで捕捉して得られる[1]

ベンゼンセレノールの合成法

チオフェノールと同様に、ベンゼンセレノールは空気により容易に酸化を受け下式のようにジフェニルジセレニドを与える。

2 PhSeH + O → PhSeSePh + H2O

保管してあるベンゼンセレノールが黄色を示すのは、このジセレニドを含むためである。ジセレニドは還元とプロトン化によりセレノールに戻すことができる。

ベンゼンセレノールはチオフェノールよりも7倍強い酸性を示す。どちらも塩基性の水溶液に溶ける。

有機合成において、フェニルセレニドアニオン (PhSe-) を発生させるための前駆体とされる[2]。フェニルセレニドアニオンはフェニルセレノ基を導入するための求核剤となる。

歴史[編集]

ベンゼンセレノールは、塩化アルミニウム (AlCl3) 存在下にベンゼン四塩化セレン (SeCl4) との反応により最初に合成された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Foster, D. G. (1955), “Selenophenol”, Org. Synth., http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv3p0771  Coll. Vol. 3: 771 .
  2. ^ Sonoda, N.; Ogawa, A.; Recupero, F. "Benzeneselenol" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (Ed: L. Paquette) 2004, J. Wiley & Sons, New York. DOI: 10.1002/047084289.
  3. ^ Chabrié, M. Camille "Premiers essays de synthèse de composés organiques séléniés dans la série aromatique" Bull. soc. chim. France, 1888, 50, 133; Ann. chim. phys., 1890, 20, 229.