ベンジャミン・ブルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベンジャミン・ブルーム ('Benjamin Samuel Bloom、1913年2月21日 - 1999年9月13日)は、アメリカ合衆国の教育心理学者。教育目標の分類化と完全習得学習(mastery learning)の理論を提唱したことで知られている。 ペンシルバニア州ランスフォードの生まれ。ペンシルパニア州立大学シカゴ大学で学んだ。彼はまた卓越や特例的な成績、偉大さの問題に関係してくるような成果を出した例外的な才能の開発についても大規模な研究チームを組織、それを統括した。 [1]

参考文献[編集]

  • Bloom, Benjamin S. (1980). All Our Children Learning. New York: McGraw-Hill.
  • Bloom, Benjamin S. Taxonomy of Educational Objectives (1956). Published by Allyn and Bacon, Boston, MA. Copyright (c) 1984 by Pearson Education.
  • Bloom, B. S. (ed). (1985). Developing Talent in Young People. New York: Ballentine Books.
  • Eisner, Eliot W. "Benjamin Bloom: 1913-1999." Prospects, the quarterly review of comparative education (Paris, UNESCO: International Bureau of Education), vol. XXX, no. 3, September 2000. Retrieved from http://www.ibe.unesco.org/publications/ThinkersPdf/bloome.pdf on April 10, 2009.

脚注[編集]

  1. ^ Bloom, B. S. (ed). (1985). Developing Talent in Young People. New York: Ballentine Books.