ベンジャミン・バーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・バーバー

ベンジャミン・バーバー(Benjamin R. Barber、1939年8月2日 -)は、アメリカ合衆国政治学者メリーランド大学教授。専門は、政治理論、民主主義論。

1966年ハーヴァード大学で博士号取得。ラトガーズ大学2001年まで教鞭をとり、現職。その間、プリンストン大学、ハーヴァード大学、ペンシルベニア大学などの客員教授を務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • Superman and Common Men: Freedom, Anarchy, and the Revolution, (Praeger, 1971).
  • The Death of Communal Liberty: A History of Freedom in a Swiss Mountain Canton, 2 vols., (Princeton University Press, 1974).
  • Liberating Feminism, (Seabury Press, 1975).
  • Strong Democracy: Participatory Politics for a New Age, (University of California Press, 1984).
竹井隆人訳『ストロング・デモクラシー――新時代のための参加政治』(日本経済評論社, 2009年)
  • The Conquest of Politics: Liberal Philosophy in Democratic Times, (Princeton University Press, 1988).
  • An Aristocracy of Everyone: the Politics of Education and the Future of America, (Ballantine Books, 1992).
  • Jihad vs. McWorld, (Times Books, 1995).
鈴木主税訳『ジハード対マックワールド――市民社会の夢は終わったのか』(三田出版会, 1997年)
  • A Passion for Democracy: American Essays, (Princeton University Press, 1998).
  • A Place for Us: How to Make Society Civil and Democracy Strong, (Hill and Wang, 1998).
山口晃訳『<私たち>の場所――消費社会から市民社会をとりもどす』(慶應義塾大学出版会, 2007年)
  • The Truth of Power: Intellectual Affairs in the Clinton White House, (W. W. Norton, 2001).
  • Fear's Empire: War, Terrorism, and Democracy, (W. W. Norton, 2003).
鈴木主税・浅岡政子訳『予防戦争という論理――アメリカはなぜテロとの戦いで苦戦するのか』(阪急コミュニケーションズ, 2004年)
  • Con$umed: How Markets Corrupt Children, Infantilize Adults, and Swallow Citizens Whole, (W. W. Norton, 2007).

共著[編集]

  • Totalitarianism in Perspective: Three Views, with Carl J. Friedrich and Michael Curtis, (Pall Mall Press, 1969).
  • The Struggle for Democracy, with Patrick Watson, (Little, Brown, 1988).

共編著[編集]

  • The Artist and Political Vision, co-edited with Michael J. Gargas McGrath, (Transaction Books, 1982).
  • Education for Democracy: Citizenship, Community, Service, co-edited with Richard M. Battistoni, (Kendall-Hunt Pub. Co., 1993).