ベンジャミン・ウィリアム・ムカパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・ウィリアム・ムカパ
Benjamin William Mkapa
Benjamin William Mkapa - World Economic Forum on Africa 2010 - 1.jpg

任期 1995年11月23日2005年12月21日

出生 1938年11月12日(76歳)
タンザニアの旗 タンザニアマサシ
政党 タンザニア革命党(CCM)

ベンジャミン・ウィリアム・ムカパBenjamin William Mkapa, 1938年11月12日- )は、タンザニア政治家で第3代大統領タンザニア革命党の指導者。タンガニーカ南部のマサシ出身。

第2代大統領のムウィニ政権下で外相や情報相などを務めた後、1995年10月29日の大統領選で当選。以後は経済の自由化と外国投資の導入に努め、国有企業の民営化などを活発に行う一方、外資による国内経済の支配を懸念する声も上がっている。2000年10月29日再選、2005年12月21日退任。

関連項目[編集]

リンク[編集]

公職
先代:
アリ・ハッサン・ムウィニ
タンザニアの旗 タンザニア連合共和国大統領
第3代:1995 - 2005
次代:
ジャカヤ・キクウェテ