ベレッタM84

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベレッタ84
Beretta 84F-JH01.jpg
ベレッタ84FS
概要
種類 自動拳銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 ピエトロ・ベレッタ
性能
口径 .380
銃身長 97mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .380ACP弾
装弾数 13+1発
作動方式 ストレートブローバック
全長 172mm
重量 660g
銃口初速 300m/s
有効射程 m

ベレッタ84(Beretta 84)は、イタリアピエトロ・ベレッタ社が開発した自動拳銃。通称『チーター』シリーズ。ただし、チーターシリーズの元祖は.32ACP弾を使用する『81』となる。

ダブルカラムマガジンの採用により.380ACP弾を13発装填可能で、警察用や護身用、競技用としても使用される。今では同社のベレッタ92の影に隠れたように思われるが、専門家の間では「84こそがベレッタの代表作だ」という人も少なくない[要出典]

現在はデザインを一部改良したベレッタ84F、84Fのセーフティにデコッキング機能を追加したベレッタ84FSが主流となっている。またシングルカラムモデルの85、.22LRを使用する87などが存在し、85は日本では麻薬取締官に採用されている。 また、84FはかつてBDA380(欧州仕様は140DA)の名で販売される時期があった。これは当時、公的機関向け以外に北米での販路を持っていなかったベレッタ社が、知名度のあったFN社に委託して販路を確立した「迂回生産・販売」用の名称であり、北米では未だその名前が通用している[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]