ベレッタM1918

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Moschetto Automatico Beretta Mod.1918
種類 短機関銃
原開発国 イタリア王国の旗 イタリア王国
開発史
開発者 Tullio Marengoni
製造業者 ベレッタ
派生型 Model 1918
Model 1918/30
Hafdasa C-1
諸元
重量 3.3 kg
全長 1092 mm
銃身 305mm

弾丸 9mmグリセンティ弾
.22LR
口径 9mm
.22口径
作動方式 ブローバック(フルオートのみ)
発射速度 900発/分
装填方式 25発着脱式箱型弾倉

ベレッタM1918(Beretta M1918)は、イタリアで開発された短機関銃である。制式名称はMoschetto Automatico Beretta Mod.1918(ベレッタ1918年式自動小銃)。

歴史[編集]

M1918は、ベレッタ社のTullio Marengoni技師によって考案された。基本的な設計はM1915機関銃を単装とした上でM91TSカービンの銃床を取り付けたもので、当初はフルオート射撃のみ可能だった。後の改良型ではセミ/フルオートの切り替え可能なものもあったとされる。また1930年には警察用短機関銃としてM1918/30と呼ばれる派生型が設計されている。これはセミオート射撃専用のカービン銃で、弾倉の装填口が下部に移され、ボルトセーフティなどが追加されていた。

1918年後半になってからアルディーティ部隊(伊軍の突撃歩兵)向けに採用され、スペイン内戦第二次エチオピア戦争などで使用された。第二次世界大戦の勃発後も1941年頃まで使用されていたが、以後はベレッタM1938Aに更新されていった。M1918/30はアルゼンチンの民兵や警察が購入・運用した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]