ベルンハルド・カールグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルンハルド・カールグレンBernhard Karlgren1889年 - 1978年)は、スウェーデン中国学言語学文献学者。スウェーデンの中国学を学問的な領域まで引き上げた功労者でもある。フルネームはKlas Bernhard Johannes Karlgren(クラース・バーナド・ヨハンネス・カールグレアン)で、他に中国名として高本漢(Gāo Běnhàn)を持つ。中国語音韻学、特に上古音中古音の研究で有名。

生涯[編集]

カールグレンの学術論文は、16歳の時にダーラナ地方方言について記したものが最初である。その後は1907年から1909年までウプサラ大学のユハン・ルンデル(Johan August Lundell)教授に師事し、ロシア語を専攻した。彼は比較音声学に関心を持っていたスラヴ語学者であり、そのためかカールグレンは、当時ほとんど行われていなかった比較歴史音声学の手法を用いた中国語研究に携わる事を決意する。しかしスウェーデンには中国語を学べる場所がなく、サンクトペテルブルクでA. I. イワノフ(Aleksei Ivanovich Ivanov)教授について二ヶ月間中国語を学ぶこととなった。その後は1910年から1912年の間、中国に滞在して中国語を学ぶとともに、24種の方言について音声学的な記録を残した。そして1912年1月、ヨーロッパに戻るとロンドン次いでパリに滞在し、1915年にはウプサラで博士論文を書いている。この論文は、著作の多くを英語で著したカールグレンには珍しく、フランス語で書かれた。

その後1939年から1959年までストックホルム東洋博物館(Östasiatiska Museet)の館長を務めた。この博物館は1926年、カールグレンの前任で中国考古学・地質学の大家でもあるユハン・アンデショーンが1920年代になした中国先史時代考古学についての先駆的業績のために作られ、後に先史時代の中国に限らず、広い時代および地域を扱うようになっていたものである。またカールグレンは長きにわたってこのアンデショーンと親しく交流を持ち、彼が務めていた東洋博物館の年報(Bulletin MFEA、1929~)の編集も引き継ぐこととなった。カールグレンは1970年代までこの仕事を続けるとともに、自身も著作の多くをこの年報や、博物館の出したモノグラフのなかで発表している。

1946年にカールグレンはLegends and Cults in Ancient Chinaを発表し、それまで放置されてきた古代中国の歴史叙述の信頼性に一石を投じた。ここで彼は、漢代以前の中国について書かれた論文を吟味し、これらの大半が資料の扱いという点で根本的かつ重大な瑕疵があると指摘する。なかでも古代中国史の復元に際し、様々な後代の文献を無秩序に使用する点が問題とされた。多くの資料を用いれば豊富で詳細な情報が手に入るが、それらは科学的手法によるものではなく、それをもとにしたある種の戯曲に過ぎないとしたのである。なお20世紀初頭の中国でも同様の議論がなされており、カールグレン自身もそれに倣うところがあった点を認めている。[1]

業績[編集]

カールグレンは初めて、近代ヨーロッパの歴史言語学的アプローチを用いて中国語に取り組み、また漢字の中古音および上古音の音価ラテンアルファベットIPAとは異なるが)を用いて再構した点で画期的な研究者である。さらに彼は、再構できる限り遡った時点において、人称代名詞に応じ屈折していたことも示唆している。いずれにせよ、カールグレンの目的は言語の発展と拡散から、中国史を明らかにすることにあった。以下はSound and Symbol in Chinese第一章からの引用である。

それゆえ、たとえ他所からの民族移動の存在が中国文化に現れていなくとも、そしてその結果として年代を決定する外的な要素が存在せずとも、内的な証拠によって古代中国について一定のことを明言することができる。つまり帝堯の治世が紀元前24世紀にあるとする中国の伝承には信憑性があり、また古代においても中国人は天文観測に長けていた。そして大きな出来事があれば中国語で記録を記し、これらの記録は間違いなくその出来事の直後になされていた、ということである。換言すれば、何世紀も昔に成立し、大きく発展した中国文明は中国語とともに、中国の大地に紀元前2000年の昔から存在していたのである。

それ以降、中国語を対象とした歴史言語学は長足の進歩を遂げた。そして先駆者としての業績はさておき、彼の提唱した音韻システムは、あらの目立つものとして大幅に見直されることとなっている。バクスターの言を借りれば、「カールグレンが再構していたのは音韻体系ではなく、音声であった。音韻構造は軽視され、その結果彼の再構したシステムは自然言語のそれにあるべき対称性とパターン性を欠いていた」のである。[2]いずれにせよ、彼の革新的研究は現代の中国語歴史言語学の礎となっており、著作の多くは今日でも価値あるものとして参照されている。[3]

日本語との関係[編集]

カールグレンは一方で日本語における漢字の訓読みについて、音読み及び中国語との関連を指摘している。下表にてその一部を訓読み、音読み(呉音)、北京語広東語について対比した。

漢字 訓読み 呉音 広東語 北京語
ウマ ma
ウメ マイ mui méi
キヌ ケン gyun juàn
キミ クン gwan jūn
ゼニ ゼン chin qián
セミ ゼン sim chán
タケ チク juk zhú
ハ-グ ホク mok
フミ モン man wén
ムギ ミャク mak mài

また、漢字は異なるが、「国(くに)」は「郡(グン)」、「紙(かみ)」は「簡(カン)」の字音に由来するとした。「君」「文」「簡」は訓読みの最後の文字がマ行であるのに対し、中国語の韻尾は古来から"-m"ではなく"-n"であることから、中国語との関連に否定的な見方もある。

参考文献[編集]

  • あべせいや(安部清哉) 『日本語のルーツをさぐったら… 日本語の起源』 アリス館、1997年ISBN 4752000644

[編集]

  1. ^ Bernhard Karlgren. "Compendium of Phonetics in Ancient and Archaic Chinese." Bulletin of the Museum of Far Eastern antiquities, no. 26 (1954): 211-367.
  2. ^ William H. Baxter, A Handbook of Old Chinese Phonology. Berlin, New York: Mouton de Gruyter, 1992, pp. 3-4.
  3. ^ Lothar von Falkenhausen. Review of Göran Malmqvist, "Bernhard Karlgren: Ett forskarporträtt". China Review International 8, no. 1 (2001): 15-33.