ベルンハルト・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルンハルト・コール
Bernhard Kohl
Cycling (road) pictogram.svg
Bernhard Kohl 20070824.jpg
個人情報
本名 ベルンハルト・コール
Bernhard Kohl
生年月日 1982年1月4日(32歳)
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
アマ所属チーム
2002
2003-2004 
エルク・ハウス
ラボバンク(エスポワール)
プロ所属チーム
2005-2006
2007-2008
T-モバイル
ゲロルシュタイナー
主要レース勝利
オーストリアの旗 オーストリア選手権・個人ロードレース 2006
最終更新日
2009年7月28日

ベルンハルト・コール(Bernhard Kohl、1982年1月4日- )は、オーストリアウイーン出身の自転車競技選手。


2002年にアンダー23(U-23)オーストリア国内選手権・個人ロードレース優勝。2003年から2004年まで、ラボバンクのアマチュア(コンチネンタル)チームに在籍。

プロ選手になる前(17から19歳まで)はアマチュアチームで走る傍ら、煙突の掃除人をしていたこともあった。(CICLISSIMO 2008 no.10)


2005年、T-モバイルと契約を結びプロ選手となり、同年のブエルタ・ア・エスパーニャに出場、総合110位。2006年、国内選手権(エリート)・個人ロードレース制覇、ドーフィネ・リベレ総合3位の実績を残す。2007年ゲロルシュタイナーに移籍。ツール・ド・フランスに出場し総合31位。

Bernhard Kohl 2008

2008年ツール・ド・フランスでは、ピレネー越えステージの第10ステージで4位に入り、総合順位も一気に4位に浮上。アルプス越えステージでも快走を見せ、第15ステージ終了時点で、首位のフランク・シュレクに7秒差の総合2位、また山岳賞部門では首位に躍り出た。ラルプ・デュエズがゴールの第17ステージではチームCSC-サクソバンク勢の巧妙な作戦もあって、総合優勝を果たすことになるカルロス・サストレから遅れを取り、総合優勝争いでは一歩後退を余儀なくされたが、最終的に総合3位に入り、また山岳賞部門はサストレら他の選手を圧倒して獲得したが、後述するドーピング違反のため、総合順位等は取り消され、山岳賞も剥奪された。

2009年5月には、出場停止期間が終了しても選手生活に復帰する意志はないとして、引退を表明した。

ドーピング問題[編集]

フランススポーツ新聞、レキップの2008年10月13日付記事[1]は、コールにCERA(持続性エリスロポエチン受容体活性化剤=Continuous Erythropoietin Receptor Activator)陽性反応が出たと報じた。フランスアンチドーピング機構の話を受けてレキップが報道したことによるもの。

ロイター共同によると、同月15日、この報道を受けて記者会見を行ったコールは、CERAの使用を大筋で認めた。

11月24日には、オーストリア反ドーピング機構により2年間の出場停止が言い渡された。

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]