ベルント・ヨルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルント・アウグスト・ヨルト

ベルント・アウグスト・ヨルトBerndt August Hjorth1862年 - 1937年)は、スウェーデン実業家であり、バーコ・グループ(Bahco)の設立者である。

フィンランド生まれのベルント・アウグスト・ヨルトは1881年にスウェーデンに移住し、1889年ストックホルムで工具と機械を扱うB.A.ヨルト社(B.A. Hjorth & Co.)を設立した。翌年1890年にヨルトはヨハン・ペター・ヨハンソンと彼の発明品であるモンキーレンチを販売するために独占販売契約を結んだ。

1892年、ヨルトはスウェーデンのもう一つの発明品であるフラン・リンドクヴィスト特許を持つプリムス・ストーブの全ての権利を取得し、1918年にはストックホルムの西に所在するリラ・エッシンゲン島(Lilla Essingen)のプリムスの工場を買い取った。

B.A.ヨルト社は1916年持ち株会社として改組され、1954年に「バーコ」(Bahco)へと改称された。

ストックホルムではヨルトは高級住宅街エステルマルム地区(Östermalm)のヴィラスターデン(Villagatan)のヴィラスターデン15番地に住んでいた[1]が、1930年代初めに同じエステルマルム地区のディプロマットスターデン(Diplomatstaden)に「ヨルト荘」(Villa Hjorth)を建てた。

出典[編集]

  1. ^ [1] Stockholms adresskalender 1926

外部リンク[編集]