ベルリンロケット発射場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルリンロケット発射場:Raketenflugplatz Berlin)はドイツベルリン北郊外、テーゲルにかつて存在したロケット発射場宇宙旅行協会によって建設され、世界初のロケット発射場であった[1]

概要[編集]

1930年、宇宙旅行協会が液体燃料ロケットの実験と発達のため、弾薬集積場の跡地を政府から借用し、ロケット発射場を作った。

製作されたロケットにはミラク型とレプゾル型が存在し、多くは爆発したが、打ち上げに成功したものもあり、初期のころは約100m、後期には1kmの高度まで達した[2]

1933年9月30日、この発射場は水道料金の未払いを理由に閉鎖された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Raketenflugplatz”. 2009年2月12日閲覧。
  2. ^ 大ヒットしたSF映画「月世界の女」”. 読売新聞. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度33分 東経13度18分 / 北緯52.550度 東経13.300度 / 52.550; 13.300