ベルモンドの怪盗二十面相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルモンドの怪盗二十面相
L'Incorrigible
監督 フィリップ・ド・ブロカ
脚本 フィリップ・ド・ブロカ
ミシェル・オーディアール
原作 アレックス・ヴァロー
Ah mon pote
製作 アレクサンドル・ムヌーシュキン
ジョルジュ・ダンシジェール
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ジャン・パンゼ
編集 フランソワ・ジャヴェ
製作会社 セリト・フィルムズ 他
配給 コロンビア映画
公開 フランスの旗 1975年10月15日
日本の旗 1976年5月1日
上映時間 99分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ベルモンドの怪盗二十面相』(ベルモンドのかいとうにじゅうめんそう、原題: L'Incorrigible)は、アレックス・ヴァローAlex Varoux)の小説『Ah mon pote』を原作とし、1975年に公開されたフランスコメディ映画

ストーリー[編集]

ビクトール・ボーチエは、二十の顔、二十の名前と二十の愛人を持つ詐欺師で泥棒。出所後も相変わらずのビクトールだが、自分を担当する保護観察官のマリー=シャルロットに一目惚れしてしまう。ビクトールはいつも通りの口八丁手八丁で彼女の心を射止めるが、マリー=シャルロットの父親が館長を務める美術館にエル・グレコ祭壇画があることを知ると、泥棒仲間の父カミーユとラウールの3人でそれを盗み出すことにする。 トラブルはあったものの計画通りに盗みに成功した3人は、祭壇画と引き換えに政府から大金をせしめる。手に入れた金でマリー=シャルロットと暮らし始めたビクトールだったが、穏やかな生活が性に合うわけはなく、結局、彼女を捨てて父親のもとに戻る。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]