ベルネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bernay
Blason actuel de Bernay.svg
Bernay Stadttor.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オート・ノルマンディー地域圏Blason region fr Normandie.svg
(département) ウール県Blason département fr Eure.svg
(arrondissement) ベルネー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 27056
郵便番号 27300
市長任期 エルヴェ・モーレ
2009年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Bernay et ses environs
人口動態
人口 10,449人
2010年
人口密度 458.8人/km²
地理
座標 北緯49度05分22秒 東経0度35分57秒 / 北緯49.0894444444度 東経0.599166666667度 / 49.0894444444; 0.599166666667座標: 北緯49度05分22秒 東経0度35分57秒 / 北緯49.0894444444度 東経0.599166666667度 / 49.0894444444; 0.599166666667
標高 最低:87m
最高:173m
面積 24.03km² (2 403ha)
Bernayの位置(フランス内)
Bernay
Bernay
公式サイト ville-bernay
テンプレートを表示

ベルネーBernay)は、フランスオート=ノルマンディー地域圏ウール県コミューン

地理[編集]

県西部に位置し、県都エヴルーから50km離れている。コミューン内にはリル川の支流シャラントンヌ川が流れる。

由来[編集]

ベルネーという地名は、『湿地のような』『泥のような』を意味するケルト語のbrin/brenに、場所を意味する-acmを接尾辞としてつけた名称に由来すると考えられている。

歴史[編集]

シャラントンヌ川
修道院付属のノートルダム・ド・ベルネー教会

996年から1008年の間、ノルマンディー公リシャール2世は、妃ジュディット・ド・ブルターニュの持参金としてベルネーの地を受け取った。ブルターニュ公コナン1世の娘であるジュディットは、ベルネーにベネディクト会派のベルネー修道院を建立した。修道士たちは下水処理施設、製粉所、漁場を整備した。そしてノルマンディーにあるロマネスク様式の宝石と称えられる修道院建物もである。

1198年から商業が行われていたことが伝わっている。織物産業が知られ、見本市が数多く開かれた。ベルネー周辺は農産物が多様で豊かな土地柄であったためである。ベルネーでは毎週土曜日に大きな市場も開かれていた。13世紀からある『クチュールの聖母』への崇敬には、ノルマンディー各地から大勢の巡礼が集まったという。

19世紀の間、主要道が改善されベルネーの現代化が進んだ。産業構造の現代化は、コミューンの中心部から外へ向かった。この発展は20世紀に新たな産業が導入されても続き、丘の上にある歴史ある中心部から見下ろす場所に伸びていった。

第二次世界大戦中の1944年8月、カナダ軍がベルネーの空爆を計画したが、当日町は厚い雲に覆われていたため決行されず、ベルネーの歴史ある中心部が守られた。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

  • オギュスト・ル・プレヴォスト(1787年 - 1859年) - 歴史学者
  • ロベール・リンド(1746年 - 1825年) - 政治家

脚注[編集]