ベルナルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルナルダ
Bernalda
ベルナルダの風景
メタポント(メタポンティオン)のギリシャ遺跡
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Basilicata.svg バジリカータ
Blank.png マテーラ
CAP(郵便番号) 75012
市外局番 0835
ISTATコード 077003
識別コード A801
分離集落 Metaponto, Serra Marina, Spineto
隣接コムーネ ジノーザ (TA)、 モンテスカリオーゾピスティッチ
公式サイト リンク
人口
人口 12,183 人 (2006年12月31日)
人口密度 99.1 人/km2
文化
住民の呼称 bernaldesi
守護聖人 San Bernardino da Siena
祝祭日 5月20日,8月23日
地理
座標 北緯40度25分0秒 東経16度41分0秒 / 北緯40.41667度 東経16.68333度 / 40.41667; 16.68333座標: 北緯40度25分0秒 東経16度41分0秒 / 北緯40.41667度 東経16.68333度 / 40.41667; 16.68333
標高 127 m
面積 126 km2
ベルナルダの位置(イタリア内)
ベルナルダ
ベルナルダの位置
マテーラ県におけるコムーネの領域
マテーラ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ベルナルダイタリア語: Bernalda)は、イタリア共和国バジリカータ州マテーラ県にある、人口約1万2000人の基礎自治体コムーネ)。

市域のメタポントには、古代ギリシャ人が植民都市として築いたメタポンティオン(メタポントゥム) (Metapontumの遺跡がある。ベルナルダ城はナポリ王国による地域支配の拠点となった。

地理[編集]

マテーラ県東部に位置するコムーネ。市域はタラント湾に面するが、ベルナルダの市街は内陸に位置する。

マテーラ県におけるベルナルダとメタポント

歴史[編集]

古代、イタリア半島南部にはギリシャ人たちが移り住んだ(マグナ・グラエキア)。タラント湾に程近い、現在のメタポントの地には、アカイア人が植民都市メタポンティオン古代ギリシア語: Μεταπόντιον / Metapontion)を建設した。クロトン(現在のクロトーネ)で活動した数学者・哲学者のピタゴラスの最期については諸説あるが、クロトンから追放されたのちメタポンティオンに移り、断食をして死んだという説が伝えられている(ピタゴラス参照)。

古代ローマ時代、メタポンティオンはメタポントゥムラテン語: Metapontum)の名で呼ばれた。

ベルナルダの街は15世紀までカマルダ(Camarda)の名で呼ばれていた。15世紀、ナポリ王国を支配したアラゴン人たちは、ノルマン人たちが築いた城を修築し、ベルナルダ城として地方支配の拠点とした。

人物[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]