ベルコウ Bo 102

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルコウ Bo 102

ビュッケブルクのヘリコプター博物館(Hubschrauber Museum)に展示されているベルコウ Bo 102

ビュッケブルクのヘリコプター博物館(Hubschrauber Museum)に展示されているベルコウ Bo 102

  • 用途:操縦訓練用繋留リグ
  • 製造者:ベルコウ(Bölkow
  • 生産数:18機

ベルコウ Bo 102Bölkow Bo 102 Helitrainer)は、1950年代終わりに西ドイツベルコウ社で開発、製造された通常とは異なる地上に繋留されたヘリコプターの操縦訓練用機器である。旋回式の係留リグに据え付けるように設計されたBo 102は、訓練生がエンジンの始動、ローターの接続、操縦装置の操作といった実践的な訓練を行うことができた。1枚ブレードのグラスファイバー製主ローターを含むBo 102の多くの部品は、ベルコウ社の次の製品のBo 103に使用された。

展示されている機体[編集]

現存するBo 102の機体がビュッケブルクのヘリコプター博物館(Hubschrauber Museum)とウェストンのヘリコプター博物館に展示されている[1][2]

要目[編集]

  • 定員:乗員1
  • 全高:
  • 空虚重量:
  • 全備重量:700 kg (1,697 lb)
  • 主ローター直径:6.6 m (21 ft 8 in)
  • 主ローター旋回面積:34.8 m² (374 ft²)
  • エンジン:

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Helicopter Museum - Western European helicopters helicoptermuseum.co.uk Retrieved: 5 April 2010
  2. ^ Hubscraubermuseum - Bo 102 Helitrainer www.hubschraubermuseum.de Retrieved: 5 April 2010

外部リンク[編集]