ベルゲ・フッレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルゲ・フッレ

ベルゲ・ラグナー・フッレBerge Ragnar Furre1937年4月13日 - )は、ノルウェー歴史学者、神学者、政治家社会主義左翼党の前党首でもある。

来歴[編集]

出生から大学卒業まで[編集]

1937年ローガラン県生まれ。1955年オスロ大学入学後、1959年にはノルウェー学生協会会長に就任する[1]。会長職の傍ら労働党にも入党するが、1958年のいわゆる「イースター反乱」を機に離党、フィン・グスタフセンら蜂起関係者と共に社会主義左翼党を立ち上げる[2]。党内では1961年から1964年まで書記長中央委員会委員をそれぞれ務めた[1]

1968年哲学学位を取得し大学を卒業、翌1969年にはノルウェー自然科学・人文科学調査評議会の評議員となるが、トロムソ大学歴史学準教授に就くため1971年に辞任する。この間1968年から翌年までノルウェー・モールラーグの副会長などを歴任する[1]

国政進出[編集]

1973年のノルウェー議会(ストーティング)選挙において、ローガラン県から社会主義左翼党公認で出馬し、初当選を果たす(議員在任は1977年まで)。また1976年から1983年にかけては党首を務め[1]、議員在職中は農業常任委員会、選挙委員会及び外交問題特別委員会の各委員を務めた。

神学者として[編集]

1973年に議員に当選したためトロムソ大学を離れたが、1975年には講師として復帰し、1985年教授に昇格する。しかし教授職を1年限りで退いた後、翌1986年以降は神学研究に従事する。オスロ教区ノルウェー国教会などでの活動を経て、1991年からはオスロ大学でキリスト教史について教鞭を執る。また、1998年司祭に任命される。2007年に大学を退職し、現在は名誉教授である[1]

著書[編集]

歴史学及び政治学関係の著書を多数残しており、特に「ノルウェーの歴史 1905年 - 1990年」(Norsk historie 1905-1990: vårt hundreår)は幾つかの大学でノルウェー史教科書として使われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベルゲ・フッレ” (ノルウェー語). Stortinget.no. 2010年1月9日閲覧。
  2. ^ Berge Furre” (Norwegian). Norwegian Broadcasting Corporation (2005年2月3日). 2009年2月10日閲覧。

関連項目[編集]