ベリサマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベリサマ(Belisama)は、ケルト神話に登場する工芸品を司る女神。火をあつかう諸業を司る巫女の様な存在であったと考えられる。光の神・ベレヌスの妻でもある。名前は「夏の輝き」という意味。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『ケルト神話』 - プロインシァス・マッカーナ(青土社
  • 『ケルト神話の世界』 - ヤン・ブレキリアン(中央公論社
  • 『世界神話辞典』 - アーサー・コッテル(柏書房