ベラ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベラ・ジュニア
Vela Junior
星座 ほ座[1]
視直径 2 × 2 度[1]
分類 超新星残骸[1][2][3]
発見
発見年 1998年[2]
発見者 Aschenbach, Bernd[2]
発見方法 コンプトンガンマ線観測衛星による
44Tiから生ずるガンマ線
分布調査による[2][3]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 08h 52.0m[1]
赤緯 (Dec, δ) -46° 20′[1]
距離 650 - 700 光年[3]
物理的性質
表面温度 > 3000万 K[2]
爆発年代 1200年頃[2][3]
コンパクト星 PSR J0855-4644[4]
別名称
別名称
RX J0852.0-4622,
GRO J0852-467,
HESS J0852-463,
SNR G266.3-01.2,
VELA Jr SN[1],
G266.2−1.2[5].
■Project ■Template

ベラ・ジュニア (Vela Junior) とは、地球から見てほ座の方向に約650から700光年離れた位置にある超新星残骸である[1][2][3]

位置[編集]

ベラ・ジュニアは、地球に最も近い位置にある超新星残骸である。距離はガンマ線X線の流束から推定された。ベラ・ジュニアは地球から見て1200年頃超新星爆発をした後の残骸であると推定されている。ベラ・ジュニアは地球から650から700光年離れているので、実際には500年頃から550年頃に超新星爆発が起こっており、その光が1200年頃に到着したものである[2][3]。しかし、ベラ・ジュニアを生み出した超新星爆発は、地球からみてかなり明るかったと推定されるが、この時代にある歴史的な文献資料に爆発の観測記録は存在しない。しかし、この距離はゲミンガと共に極めて地球から近い位置で発生した近地球超新星であり、この距離で超新星爆発が発生するのは10万年に1度といわれている[6]

発見[編集]

ベラ・ジュニアの存在は、超新星爆発で生み出された核種である44Tiの崩壊(半減期約60.0年)から生じるガンマ線の分布を調べることで見つかった[2][3]。ベラ・ジュニアの視直径は2×2度の大きさに広がっている[1]

中性子星[編集]

ベラ・ジュニアを生み出す超新星爆発で生じた中性子星PSR J0855-4644であると考えられている。ベラ・ジュニアとPSR J0855-4644は、X線源であるAX J0851.9-4617を構成している[1]チャンドラによる初期の観測では、PSR J0855-4644を発見することは出来なかった。発見が遅れたのはPSR J0855-4644がパルスをほとんど放出しない静かな中性子星であるからである。PSR J0855-4644の発見はベラ・ジュニアの発見から3年後の2001年である[4]

名称[編集]

ベラ・ジュニアの名前は、地球から見るとほ座超新星残骸のすぐ近くの位置に、ほ座超新星残骸よりも小さなサイズで存在することから名づけられた。ただし、ベラ・ジュニアとほ座超新星残骸は直接物理的な関係はない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j NAME VELA Jr SN -- SuperNova Remnant SIMBAD
  2. ^ a b c d e f g h i Discovery of a young nearby supernova remnant Astronomy Abstract Service
  3. ^ a b c d e f g Emission from 44Ti associated with a previously unknown Galactic supernova Astronomy Abstract Service
  4. ^ a b The Compact Central Object in the RX J0852.0-4622 Supernova Remnant Astronomy Abstract Service
  5. ^ The Compact Central Object in the Supernova Remnant G266.2–1.2 IOP Science
  6. ^ On Deep-Ocean Fe-60 as a Fossil of a Near-Earth Supernova arXiv

関連項目[編集]

座標: 星図 08h 52m 00s, -46º 20' 00''