ベビーサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベビーサイン(baby signs)とは、まだ言葉を話せない乳幼児との、手話身振り手振りジェスチャーを使ってコミュニケーションを行う手法、または、そこで用いられるさまざまなジェスチャーを指す。

概要[編集]

児童心理学者のリンダ・アクレドロスーザン・グッドウィンが、アメリカの国立児童保健・発達研究所の助成を受け、1989年より乳幼児の自己表現行動を研究し、ベビーサインを提唱した。カンガルーなど動物の姿や物の形を模倣して表現する他に、怖い、眠いなどのように動作・運動を示すジェスチャーがある。それらを組み合わせて、文脈のあるメッセージも伝達することが出来る。現在、「ベビーサイン」はアメリカの「Baby Signs Inc.」の登録商標である。

効果としては、育児のストレスの低下、乳幼児の健康と安全に効果的(「痛い」「熱い」などのサイン)、親子の絆が深まる、コミュニケーション能力の向上、話し言葉の習得に好影響、などの点が考えられている。

日本ではアクレドロ、グッドウィン両博士の認可の下、NPO法人日本ベビーサイン協会が設立され、日本国内におけるベビーサインの普及活動および講師の育成活動をおこなっている。理事長は吉中みちる。

批判[編集]

ジェスチャーで簡単に気持ちが伝達できるようになると、肝心な言葉を「覚え」「話す」という発達が遅れるのではないかという批判も存在する。

参考文献[編集]

  • リンダ・アクレドロ、スーザン・グッドウィン『ベビーサイン まだ話せない赤ちゃんと話す方法』、径書房、2001年
  • 吉中みちる・まさくに『赤ちゃんとお手てで話そう』、実業之日本社、2002年
  • 吉中みちる・まさくに『親子で楽しむベビーサイン 赤ちゃんとお手てで話そう』、実業之日本社、2009年7月
  • 吉中みちる・まさくに『ベビーサインで楽しく遊ぼう 赤ちゃんとお手てで話そうプレイブック』、実業之日本社、2004年8月
  • リンダ・アクレドロ、スーザン・グッドウィン、吉中みちる・まさくに訳『最新 ベビーサイン』、2010年3月
  • 吉中みちる『赤ちゃんとママのベビーサイン』主婦の友社、2010年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]