ベネ・イスラエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸で囲まれている部分はユダヤ人が多く住む地域

ベネ・イスラエル(Bene Israel)とは、インド原住のユダヤ人を指す言葉である。ヘブライ語では『イスラエルの子』を意味する。

最も有名なアジア系ユダヤ人は、「ブナイ・イスラエル(B'nai Israel)」と呼ばれるボンベイのユダヤ人である。この共同体はインドの約1500年前にまで遡る。その中心はボンベイ(ムンバイ)とコーチン(コチ)であった。

今日インドのユダヤ人は軍、政府、産業、で重要な位置にあることが多い(例:インド人民党の安全保障顧問と、ゴア州パンジャブ州知事を務めたJFRジェイコブ中将など)。

ブナイ・メナシェ[編集]

別のブナイ・メナシェは、ユダヤ遺産の古代インド人の集まりであるとされる。大半はイスラエルアリヤー)に移住し、再びユダヤ教に改宗するための試練にあった。ブナイ・メナシェは自分たちが古代イスラエル人の子孫であると主張し、古代イスラエルの12部族の一つ、メナシェメナセマナセ)族の名前に触れている。

関連項目[編集]