ベネデット・ダ・マイアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベネデット・ダ・マイアーノBenedetto da Maiano1442年 - 1497年5月24日)は、ルネサンスイタリア彫刻家木工細工師建築家ジュリアーノ・ダ・マイアーノの弟。

経歴[編集]

石工のレオナルド・ディ・アントーニオの子として、フィエーゾレ近郊のマイアーノで生まれる。1463年1465年にジュリアーノが依頼されたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の聖具室の寄木細工に携わり、その大部分を作成した。寄木細工の仕事としては、ハンガリーマーチャーシュに化粧箱を納めたが、ヴァザーリによれば、自分の作品の出来映えに納得のゆかなかった彼は、以後彫刻に専念することを決意した。

フィレンツェでは、兄のジュリアーノに委託された彫刻作品の製作を手伝い、1473年には、石工・木工師組合に登録され、ファエンツァ大聖堂の聖サヴィヌスの墓碑、サンタ・クローチェ聖堂の説教壇を製作した。また、彼はフィリッポ・ストロッツィから依頼を受け、パラッツォ・ストロッツィの建築にも携わっている。彼の死後、建設はイル・クローナカにより引き継がれた。

晩年はあまり作品をつくらなかったようで、サンタ・マリア・デル・フィオーレの『十字架像』のほか、わずかしか知られていない。

1497年、54歳で死に、サン・ロレンツォ聖堂に葬られた。

主要作品[編集]

  • 戸棚寄木細工(サンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂聖具室 フィレンツェ
  • ジョットの胸像(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 フィレンツェ)
  • 『受胎告知』(サンタ・アンナ・ディ・ロンバルディ聖堂 ナポリ
  • 『聖サヴィヌスの墓碑』(ファエンツァ大聖堂 ファエンツァ)
  • 『ピエトロ・メッリーニの説教壇』(サンタ・クローチェ聖堂 フィレンツェ)
  • 1489年起工 パラッツォ・ストロッツィ(フィレンツェ)
  • 1490年頃製作『十字架像』(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 フィレンツェ)

参考文献[編集]

  • ジョルジョ・ヴァザーリ著 森田義之監訳『ルネサンス彫刻家建築家列伝』(白水社)