ベネット彗星 (C/1969 Y1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネット彗星
C/1969 Y1 (Bennett)
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  J.C.ベネット
発見日  1969年12月28日
符号・別名  1969i = 1970 II
軌道要素 - IAUNASA
元期 2440680.5 (April 4, 1970)
離心率 (e)  0.996193
近日点距離 (q)  0.537606 AU
軌道長半径 (a)  -
遠日点距離 (Q)  -
公転周期 (P)  -
軌道傾斜角 (i)  90.0394°
近日点引数 (ω)  354.1461°
昇交点黄経 (Ω)  224.6574°
前回近日点通過  1970年3月20.0446日UT
次回近日点通過  3600年

ベネット彗星(ベネットすいせい、Comet Bennett; C/1969 Y1)は1969年12月28日南アフリカプレトリアジョン・カイスター・ベネットによって発見された彗星である。

発見当時は8.5等級だったが、近日点通過(3月20日)後の1970年3月26日には地球に最接近(0.69AU)して0等から-3等級に達する大彗星となり、20世紀でもっとも明るくなった彗星の1つとして知られている。彗星自体は1971年2月27日まで観測できた。

外部リンク[編集]