ベニ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニ県
Departamento del Beni
Flag of Beni.svg Escudo de Beni.JPG
(旗) (紋章)
Bolivia-Beni.png
面積 213,564km2
(ボリビア第2位)
人口 411,399人
(ボリビア第8位)
8
行政府所在地 トリニダ
ISO 3166-2:BO BO-B
ベニ県の郡

ベニ県 (スペイン語: Departamento del Beni)は、ボリビア北西部の。8つの郡で構成されている。行政府所在地はトリニダ。主な町としては、リベラルタやマグダレナなど。北東側はブラジル国境で、南側はコチャバンバ県、西側はパンド県ラパス県、南東側はサンタクルス県と接している。

県の南西端にアンデス山脈東縁がかかり、標高約1,500mほどの山地となっているほかは、アマゾン川上流地域にあたり、標高400m以下の低平な地帯が県土の大部分を占める。年間降水量は1,000mmから2,000mmであり[1]熱帯雨林が広がっている。20世紀初頭には天然ゴム生産で重要視されたが、近年は大きな産業が無く経済的には苦しんでいる。農業としては肉牛の飼育などの畜産業が行われている[2]

トリニダ市のように、17世紀頃にキリスト教の布教のために作られた町が多く存在し、現在も古い教会が多く残っている。

県北部のリベラルタには日系人が多く住んでいる。

この地域ではキャッサバ(ユカ: yuca)を多く食べる。茹でたり焼いたり揚げたものがほぼ毎日の食卓に上る。

ベニ県はボリビア国内では、相対的に豊かな方[3]に入る。その影響もあり、2000年代に入り、サンタクルス県などと同様に地方自治の拡大を目的に自治憲章の制定を目指しているほか、2009年1月の新憲法に対する国民投票では西部の県と異なり、反対票が多数であった[4]

注釈[編集]

  1. ^ 社団法人海外農業開発コンサルタンツ協会 ボリビア共和国ユンガス・デ・バンディオラ地区灌漑開発計画プロジェクトファインディング調査報告書 1p
  2. ^ JICA研究所 ボリビア国別援助研究会報告書 190P
  3. ^ JICA研究所 ボリビア国別援助研究会報告書 96P
  4. ^ 在ボリビア日本国大使館ボリビア概況