ベニ・レヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベニ・レヴィBenny Lévy1945年8月28日 - 2003年10月15日)は、フランス哲学者、著作家。偽名ピエール・ビクトール(Pierre Victor)。高等師範学校卒。1974年9月から1980年4月までジャン=ポール・サルトルの秘書を務めた。70年代始めに毛派の極左組織プロレタリア左派(Gauche prolétarienne)の指導者であった彼は、後にユダヤ思想に傾倒、イスラエルのエルサレムにてレヴィナス研究学院(Institut d' Études Lévinassiennes)を設立しレヴィナス思想の普及に尽力した。

最晩年のサルトルとの対談「今、希望とは」はスキャンダルを巻き起こした。