ベニバナトチノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニバナトチノキ
Aesculus carnea BotGartenMuenster PurpurKastanie 6685.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: トチノキ科 Hippocastanaceae
: トチノキ属 Aesculus
学名
Aesculus x carnea
英名
Red Horse-chestnut

ベニバナトチノキは北米南部原産のアカバナトチノキとヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)の交雑種である。5月頃、枝先に長さ15から25㎝の大きな円錐花序を直立し、雄花と両性花を付ける。トチノキ属の染色体は概ね2n=40であるが、本種は2n=80であり4倍体となっている[1]

品種[編集]

  • 'Briotii' 最も一般的な品種。花序は約25cmで濃いピンクの花を持ち、あまり大きくならない。1858年、トリアノンの植木屋Pierre Louis Briotに因んで命名された。
  • 'O'Neil' 花序は30cmに達し、明るい赤色の花を持つ。
  • 'Fort McNair' 濃いピンクの花、黄色の花喉を持ち、葉焼け・葉斑に耐性がある。名は作出された地名に由来する。
  • 'Pendula' アーチ状の枝を持つ[2]
  • 'Plantierensis' ローズピンクの花、黄色の花喉を持ち果実をつけない[3]

出典[編集]

  1. ^ Margaret Upcott (1936), “The parents and progeny of aesculus carnea”, JOURNAL OF GENETICS, doi:10.1007/BF03027607 
  2. ^ Govaerts, R., Michielsen, K. & Jablonski, E. (2011). Untraced Weeping Broadleaf cultivars: an overview. Belgische Dendrologie Belge 2009: 19-30.
  3. ^ Roth, Susan A. (2001). Taylor's guide to trees. Boston, MA: Houghton Mifflin Harcourt. pp. 408. ISBN 978-0-618-06889-0. http://www.amazon.com/gp/product/0618068899.