ベナンにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベナンにおけるLGBTの権利
ベナン共和国
同性間の性交渉 合法[1]
性自認/性表現 -
同性間の関係性の承認 考慮されていない
同性カップルによる
養子縁組の引受
考慮されていない
同性愛者を公表しての軍隊勤務 -
差別保護 なし

ベナンにおけるLGBTの権利(ベナンにおけるLGBTのけんり)では、ベナン共和国におけるLGBTの法的状況について扱う。

ベナン国内においては、2010年現在男性女性ともに同性愛行為は合法である[1]。ただし1996年に制定され、採用されていた刑法においては違法であり、第88条に基づいて1年から3年の収監及び100,000-300,000CFAフランの罰金を課されていた[2]。この規定はすでに廃止されたが、現在もなお同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]